日本3号店に「鎌倉」を選んだ、ダンデライオン・チョコレートが大切にしていること

どの改札から外に出るかによって、まったく異なる表情を見せる街がある。個人的には、鎌倉もそのうちの一つだと思う。

東口はもう、完全に観光客向け。多くの人が目指す鶴岡八幡宮。食べ歩きの聖地と言っても過言ではない小町通り。土産物屋がひしめく若宮大路を歩いていると、いまどきのコーヒースタンドを見かけるようにもなった。

一方、西口。こちらは、どちらかというと地元民のためのエリアだ。

たしかに、プールと藤棚を備える「スターバックス」や、築50年のアトリエと緑豊かなガーデンテラスからなるレストラン「GARDEN HOUSE」は、相変わらずの人気スポットではある。和風キーマカレーがウリの「OXYMORON」(小町通りにもある)と、チョコレートを溶かしながら食べるスタイルが話題の「Bonnel Cafe」は、今や“インスタ女子”注目の的だ。でも、それなりに観光客はいるものの、流れている空気が東口とは明らかに違うのが分かる。

さて、このたび「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、そんな2つの空気が交差する場所。西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。

朝食にぴったりの
「鎌倉店限定メニュー」も

オープンは、去る2月9日(木)。2016年12月に誕生した「ダンデライオン・チョコレート伊勢外宮前店」に続く日本3号店となった。

ここで味わえるのは、本店である東京・蔵前で一枚ずつ作られたチョコレートバーやペストリー、ドリンクなど。さらに、3店舗の中でもっとも早い開店時間(8時)を生かし、軽い朝食として「ダンデライオン・チョコレート・クロワッサン」「グラノーラ」を提供しているそう。ちなみにこの2つは、鎌倉店でしか食べられないメニュー

ところで、
なぜ「鎌倉」なのか?

そもそも彼らには、「働く人が気持ち良く仕事ができる場所に店舗を作る」というポリシーがあるのだそう。それは、働き手のポジティブな雰囲気が、店を訪れた人にも良い形で伝わると考えているから。

その軸から、もともと鎌倉に出店したいと考えていたようで、観光客が押し寄せる小町通りではなく、雰囲気のある素敵なエリアはないものかと探していたところ、不思議な静けさのある建物が見つかったのだという。

「ダンデライオン・チョコレートが牽引しているクラフトチョコレートというムーブメントが、単なる流行りのものではなく、カルチャーとして地域に根付いていくことを願っています。

そのためには、クラフト文化の価値を受け入れ、認めてくれるコミュニティが重要です。自然と歴史のある街、職人が生きている街、情緒のある街などに落ち着くのではないでしょうか

蔵前、伊勢、鎌倉といった、いわゆる「流行の最先端エリア」とは異なる、歴史情緒あふれる街に出店を続ける彼ら。その背景についてのコメントは、説得力を伴ってこちらの耳に響いてくる。

2階カフェ席の開放的な窓からは、鎌倉駅のホームが見える。逆にいうと、向こうから見える景色も変わったことになる。

鎌倉の“空気”が変わる、ちょうど境目に生まれたこの店が、人の流れを含め、それぞれのエリアにどのようなインパクトを与えるのか。そして、クラフトチョコレートをカルチャーとして定着させることができるか。個人的に注目していきたいと思う。

【店舗概要】
ダンデライオン・チョコレート鎌倉店
・住所:神奈川県鎌倉市御成町12-32
・席数:30席
・営業時間:8:00~20:00(L.O.19:30)
・営業日:不定休

Licensed material used with permission by DANDELION CHOCOLATE
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
クリスマスシーズンにお菓子を売ろうとするとき、作り手が味にのみフォーカスするのは、もはや時代遅れ。と言い切るのはあまりに極端かもしれませんが、そんなことを...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
最新の紫外線対策として「池袋さくらクリニック」が開発した「高Cacao(カカオ)点滴」を紹介。肌のうるおいを高めたり、紫外線で受ける肌ダメージを予防・修復...
目が覚めるほど鮮烈なカフェイン入りのチョコレートです。エネルギーチョコレートと呼ばれることも。ビターなテイストの赤缶がオリジナルですが、甘めが好みならミル...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。数年前から話題になっているビーント...
日本には2017年に初上陸したチョコレート専門店「KARMELLO Chocolatier(カルメロ ショコラティエ)」。2010年の創業以来、地元ポーラ...