「クラフトチョコ × テクノロジー」が生んだ最高の口溶け

シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプロダクト「Large Chips」。いま、全米で話題のチョコレートチップは、その独特な形状にまず目が行く。

なんでも、クラフトチョコレートとテクノロジーの融合により生み出されたものだとか。

©Makuake

「ダンデライオン・チョコレート」の本拠地サンフランシスコといえば、ご存知イノベーションを生み出すIT産業のメッカ。ここで、チョコレートとテクノロジーの出会いが生まれた。

シリコンバレーに拠点を置く電気自動車メーカーのインダストリアルデザイナー、レミー・ラベスクは、「ダンデライオン・チョコレート」が主催するワークショップで創業者トッド・マソニスに出会い、二人は意気投合。チョコレートのイノベーションが始まった。

「ダンデライオン・チョコレート」では、クッキーなど焼き菓子製造に自社製のチョコレートを使う際、テンパリングを施した大量のブロックをスタッフが手作業で砕いてチョコレートチップにしていたそう。

クラフトマンシップにこだわる社風とはいえ、これはこれで手間と時間がかかる。なんとか効率化を計りたいという現場の声を受け、レミーは独自のチョコレートチップ開発を提案した。

 

©Makuake

本来、チョコレートチップといえば、碁石のような丸いドロップ型。じつに、80年もの間デザインが変わることはなかったそう。レミーはこれをイチから再定義。コンセプトをデザインに落とし込み、試行錯誤の末に生まれたのが、面によって薄さを変えるユニークな立体的デザインだった。

シンプルな立体構造は崩さず、各先端部をできる限り薄くすることによって、先端部が舌の温度に触れたとたん、すぐに溶け出しチョコレートのフレーバーが瞬間的に、そして段階的に口の中で広がる設計。

インダストリアルデザインがそうであるようにチョコレートもまた、デザインの力で再定義され、最適化がなされた。

さて、そんな「Large Chips」を一般の消費者にも広く楽しんでもらえるよう商品化。焼き菓子の生地に混ぜてよし、そのまま食べてればチョコレートバーとはひと味違う口溶け味わいが楽しめるという。

ちなみにカカオ豆の産地はコスタ・エメラルダス(コスタリカ)、カカオ分の比率は70%。1袋250g入りで2376円(税込)

©Makuake

ダンデライオン・チョコレート「Large Chips」

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/dandelion-chocolate/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
新潟県月岡温泉のクラフトビール醸造所「TSUKIOKA BREWERY」が、日本で初めてルビーチョコレートを用いたクラフトビールの醸造に成功
クラフトビールメーカー「COEDO」とBean to Bar チョコレート専門店「Dandelion Chocolate」のコラボレーションビール 「CH...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
神奈川県のクラフトビールメーカー「サンクトガーレン」は、チョコレート未使用の「チョコビール」を発売。お菓子のような甘さのない、ビターでほろ苦いビールがクセ...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
コーヒー生豆会社 × 伝統ある常滑焼窯元がこだわったコラボ商品「エコセロ」。カカオ豆焙煎が10分ほどでできて、自分好みの味と香りのチョコレートができる。豆...
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
クラフトビールメーカー「サンクトガーレン」が2月1日からチョコレート風味のビールと食べられるチョコレート製グラスのセットを販売する。800セット限定。
「ロッテ」から、日本の土地柄を活かして醸造されたお酒を用いた、新チョコレートブランド「YOIYO」が登場。第一弾として、長野県「マルス信州蒸溜所」とコラボ...
京都の老舗チョコレート店「フランス屋製菓」が、創業70年で最もやわらかい生チョコレート「La Fondue(ラ・フォンデュ)」をバレンタインに向けてリリース
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
今年も、母の日がやってくる。「何をあげるか迷っちゃう……」という人へ向けて、同僚10人に聞いてみました!
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
チョコレート欲が高まる2月。寒さが厳しくなる日には「重い」と感じるほどの濃厚なホットチョコレートがいい。そう思って探し出した『Bonnel Cafe』では...
「高崎経済大学」発のフードベンチャー「FUTURENAUT」が開発した、「大豆」と「コオロギパウダー」で作ったチョコレート「コオロギのチョコクランチ」が発売。
少量生産でもこだわりの味を提供する。サードウェーブコーヒーにはじまり、マイクロブリュー、Bean to Barと、いまやフードビジネスにおける“クラフト”...
チョコレートには、どこか恋愛意識を高めてくれるイメージがある。もちろん、好きな人に食べてもらっただけで惚れてもらえる、なんて魔法ではないのだけど。でもね、...
ある研究者たちは「表面が虹色に光るチョコ」の開発に成功した。注目すべきは、虹色はコーティングではなく、特殊な「掘り込み」によって実現されている点。詳しくは...
今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビ...
「Made in ピエール・エルメ」に新作のチョコレートドリンク「Choconomi(チョコノミ)」が登場。グランスタ東京店と吉祥寺店にて、イートイン、テ...
7月7日、今年の国際チョコレートデーにメルボルン郊外にあるショッピングモールでお披露目されたのは、チョコを3Dのように立体的にかたどる機械「Cadbury...