今年は2020年限定の「ミント風味」も!チョコビール4種の限定販売スタート

クラフトビールメーカー「サンクトガーレン」が、今月9日よりチョコレート風味のビール4種の数量限定販売をスタート。

チョコビールの代名詞的存在「インペリアルチョコレートスタウト」などと合わせ、今回注目したいのは2種類のミントを使用した、飲み進むとミントの清涼感が増していく2020年限定のビール「ダブルミントチョコレートスタウト」。このフレーバー、チョコミントの熱烈ファン=チョコミン党なら必飲の逸品だろう。

これらのチョコビールだが、じつはチョコレート未使用というのもおもしろいポイント。ビールを造る際に麦芽を通常より高温で焙煎することで、チョコレートのような苦味と味わい深い風味を実現しているのだ。

ビターで飲みごたえたっぷりなものから、甘い風味がくせになる一杯まで、1ヵ月後に迫ったバレンタインに用意してみるのはいかがだろう。

チョコレート未使用ということで……テクニカルな“義理チョコ”にもなる!?

©サンクトガーレン
©サンクトガーレン

『インペリアルチョコレートスタウト』
【アルコール】9% 
【瓶容量】330ml
【価格】600円(税抜)

©サンクトガーレン

『ダブルミントチョコレートスタウト』
【アルコール】7% 
【瓶容量】330ml
【価格】500円(税抜)

©サンクトガーレン

『オレンジチョコレートスタウト』
【アルコール】6.5% 
【瓶容量】330ml
【価格】500円(税抜)

©サンクトガーレン

『スイートバニラスタウト』
【アルコール】6.5% 
【瓶容量】330ml
【価格】460円(税抜)

Top image: © サンクトガーレン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事