2050年、チョコが売り場から消える…かも。

チョコレートの未来。そんなこと、これまで考えたこともなかったかもしれません。でも、この先あと何年、「バレンタインデーにチョコはつきもの」と言えるのか。

2018年初頭に浮上したある記事によると、2050年までにチョコが消えてしまうかもしれない、と。その真相を「Food52」ライターValerio Farrisがリサーチ。

チョコに未来はあるのでしょうか?

さらば、チョコレート
カカオ栽培に迫る危機

4993158454706176

新たな年への感動が薄れると同時に、ネット族と甘党派の目前に浮上したのは、「チョコレートが2050年までに絶滅する」という悲報。中には、2018年初の悪夢と捉える人もいたはずです。

日々上昇し続ける温度と、ますます乾燥していく気候のせいで、あと40年もしないうちにカカオはこの世から消え去る。こう警鐘を鳴らしたのは「Business Insider」。生産に必要とされる“湿り気があり温和な気候”なしでは、カカオもタスマニアタイガーのごとく姿をくらましてしまうとの主張でした。

科学的な側面にも触れ、なんとMars(そう、あのチョコレート会社)がカリフォルニア大学に出資し、温かい気候でもすくすくと育つ、遺伝子操作されたカカオの開発がスタートしているのだとか。とある科学者チームのもと、より丈夫で、より気候に適したカカオを細胞レベルから生み出すことを試みているそうです。もっと言うと、ここで使われているのは、低脂肪の豚を生み出す際に使われるDNAテクノロジー、CRISPRというもの。

気候変動はカカオ栽培の“天敵”も
そこは、農法でカバーできる

5802087493402624

ですが、ネットを騒がせた記事が公開された後、彼らの論点が若干見当はずれだったことが明らかに。

そもそも彼らが引用した研究は、2016年初頭に実施されたもの。最新のそれではなかった。たしかにこの研究結果は、上昇する温度と湿度がカカオにさらす危機に触れていますが、どうやらそれは恐怖をそそるような“巧言”ではない様子。

と言うのも、現在世界のチョコレートのほとんどは、コートジボワール、ガーナ、もしくはインドネシアが生産地。変わりゆく気候が各地でチョコに望ましくない影響を与えているのはたしかですが、Michon ScottがClimate.govに公開した研究によると、“絶滅の危機”までは及ばないというから一安心。

「しっかり計画を練って、適応性をきちんと考えてあげれば、カカオ農場主は私たちが愛してやまないお菓子を今後も生産することができるはずです」

例えば、高い標高で育ててみたり、ブラジルで採用されている日陰で育つよう、熱帯雨林を植え直す農法(Cabruca)のロジックを採用するのもアリだとか。前述したMarsとカリフォルニア大学の試みにしても、立派な対策案のひとつ。

もちろん、Business Insiderの記事だって事実に基づくものだし、カカオ農家にとって気候変動が大きな不安要素であるのはまぎれもない事実。ですが、世界中のチョコレートラバーに

何はともあれ、記事にも登場した研究は、今日の農業経済が不安定であることを指摘しつつも、先進的な考え方に正しいプロセスを組み合わせられれば、チョコレートはまだ生き残ることができる、という前向きな未来も含んでいました。だから、どうかご安心を。

一方でバナナメープルシロップの雲行きは、どうやら引き続き怪しいようですけどね。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をして...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。数年前から話題になっているビーント...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
チョコレートには、どこか恋愛意識を高めてくれるイメージがある。もちろん、好きな人に食べてもらっただけで惚れてもらえる、なんて魔法ではないのだけど。でもね、...
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
オランダ国立航空宇宙研究所(NLR)のチームが中心となって考案しているのは、新しい空港のコンセプト。なんと、滑走路が「360度の円になっている」というので...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビ...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になって...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
年々増え続ける世界人口は2012年に70億人を突破、今や72億人もの人々が地球上に居る。国連の調査では、2050年には約90億人になると推測されているが、...