360度「エンドレス滑走路」の意外なメリットとは?

オランダ国立航空宇宙研究所(NLR)のチームが中心となって考案しているのは、新しい空港のコンセプト。なんと、滑走路が「360度の円になっている」というのです。

まるでギリシャの古代建築か、近未来都市か、はたまた競輪場か。
その名も「The Endless Runway(終わりなき滑走路)」。

一体どうしてこんな形になったのでしょうか?そこには意外なメリットが隠されていると言います。

エンドレスの滑走路が
2050年に実現?

7681e68ae93d570bc0c24aa2f958f64c2d77f3c2E31d9dbc7ce116831951f3622429e87696439214

大きな空港には、滑走路が複数あることがほとんど。たとえば羽田空港では4本の滑走路が稼働していて、目的地の方向に合わせて運用されています。

一方で、もしも滑走路が円だったら…。サークル形状には始点や終点がないので、どこからでも飛び立つことができます。つねに目的地を目指すのに最も適した位置から飛び立つことができるので、旋回のロスがないのだそう。

0c22c101e09818c3639938c4bedbc6fba916acbd

横風に困らない!
遅延や混乱も回避する

33d0429c5c034c0bb091cdeb75bad213fb9cff83A9031c0a8dc50b3a05b950342c95ef6e93dff69d

また、飛行機の着陸で重要なのが「風向き」。

飛行機は空気の流れで「浮き上がる力」を発生させる仕組みになっているので、向かい風がもっとも安定していて、追い風や横風だと離着陸が不安定になってしまいます。

その風向きによってはうまく着陸ができず、予定通りの運行ができなくなることも…。その点、円形の無限滑走路が実現すればどの向きからでも着陸できるので、つねに安全で安定した運行ができるのだとか。

ところで…
実現は可能なの?

63fc84484a59a450a748634bc790baa1263bdee3

とてもメリットが多いようにも見える円形飛行場ですが、本当に実現できるかどうかがポイント。

オランダ国立航空宇宙研究所のHenk Hesselinkさんによれば、2050年以降の実現を目指しているとか。

INDEPENDENT」の記事によれば、オランダ大手航空会社の安全に関する専門家は、次のように指摘。

「円形飛行場は魅力的なアイデアですが、あまり実用的ではありません。完全な円を描く滑走路は、膨大なスペースが必要になります。またカーブした滑走路に着陸するためには高い操縦精度が必要となり、おそらくコンピュータ制御の自動着陸システムを利用するしかなくなります。これが果たして可能かどうかを検討する必要があるでしょう」

C2f1b990b66e861653bc31bd0975a9bce95346a0

当然、現在はあくまでもコンセプト段階。当面の目標は飛行テストができるレベルまでの環境づくり、とのこと。

空路の進歩は、物流や人流を発達させるための、重要な要素のひとつ。「非現実的だ」で一蹴するのではなく、安全性を解決した上で未来のスタンダードになっていくことを期待したいですね。

Licensed material used with permission by NLR(Netherlands Aerospace Centre)
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
絵画好きなら、一度は「あの絵の世界に飛び込んでみたい!」なんて妄想をしたことがあるのでは?その世界観や作風がブッ飛んでいればいるほど、なおさらでしょう。ス...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
ラスベガス国際空港のトイレで、一匹の子犬が捨てられているのが見つかりました。名前はChewy、生後3ヶ月だったそうです。彼女の横には一通の手紙が。そこには...
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...