その家は一本の柱でバランスを取り、360度回転し、さらに傾く!

もしも、こんな家が実際にあったなら。と、想像だけで十分かもしれませんが、文字通り「バランスのとれたカップル」におあつらえ向きな家がデザインされました。だけど、ふたりがちょうどいい居心地で出会えるのは、この家の中心でだけかも。

「◯◯向き」の概念がない
全方位対応の“ズルい”家

NY郊外にある「OMI International Art Center」で展示されたのが、このコンセプトハウス「ReActor」。建築家でありアーティストデュオAlex SchwederとWard Shelleyのふたりは、展示イベントの5日間の期間中、実際にこの家で生活するパフォーマンスをしました。

長さ13.4メートルの直方体の家は、4.5メートル高の支柱だけで支えられているそうですが、本当にこの一点だけというから驚き。

さて、「反動、反発」を意味するReActorハウス、なんと居住者が室内で移動したり、風の動きに合わせ、こんな感じにぐるぐるっと回転をはじめるんだそう。目が回りそうっ。

バランスが心配になるけど
居心地いいそうです

さらには、片側に移動していくと重さで天秤のようにグググと傾いていく!そのため、家の中心に水回りを設置し、左右対称に寝室、バルコニーへのアプローチや調度品もすべて同じもので構成したみたい。

そこに何の意味があるのかは、もはや理解不能。それこそ地に足が付かない、アンバランス過ぎる回って傾く家なのでした。

Licensed material used with permission by Alex Schweder, Ward Shelley
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
一体どういうことか。文字通り、家がクルクル回るんです。百聞は一見にしかず。まずは動画を見てみて下さい。どうやら子どもたちの力でも回っちゃうみたい。「PAT...
ワイキキ、カラカウア通りを臨む360度回転式レストラン「Top of Wikiki」が55年の歴史に幕を下ろした。コロナショックの影響が大きく、営業再開に...
韓国人デザイナー、キム・インスが手がけた「Turning Chair」の紹介です。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
面倒だけど逃れられない作業、それはアイロンがけ。シャツを伸ばして、襟にアイロンをかけて、肩をまっすぐにして、手を入れてくちゃくちゃになった袖をなんとか伸ば...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
「インテリジェントプロジェクターT5」は、レンズ部分が90度回転し、壁や天井などを簡単にスクリーンに変えてしまうスグレモノ。これがあれば“おうち時間”も楽...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
「ハイクヒッチ360」は、スイベルジョイント型といって二つのゲート(ひっかけるところね)が、360度回転するようになってます。おさまりのいい角度に固定する...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
3Dプリントのフローティングハウス「prvok」は、チェコ共和国の彫刻家Michal Trpakと建築協会「Stavebni Sporitelna Ces...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
ミシガン湖の側にそびえ立つ、344mの超高層タワー「360 CHICAGO」。ここからは、シカゴの街並みや湖畔などの美しい景色が一望できます。特に注目なの...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
回転すしの「スシロー」が2020年秋から開催される「ドバイ万博」に出展することが決定。スシロー流のこだわりで日本の魅力を世界にアピールする。
懐かしの回転式ダイヤルを、ロシアの「CAMFRAE」というデザイン会社が、現代にあるさまざまな物に埋め込んだイメージ画像を製作。意外にも馴染んでいるようで...