アイロンがけの時間を一気に短縮できる「360度」回転ボード

面倒だけど逃れられない作業、それはアイロンがけ。シャツを伸ばして、襟にアイロンをかけて、肩をまっすぐにして、手を入れてくちゃくちゃになった袖をなんとか伸ばし、前身頃のシワを取ったら…あ、先に後ろをやらないと前がまたシワになるんだった…。

本当は事前にやっておけばいいのですが、ついつい出かける直前になってしまいがち。そんな悩みを解決してくれる回転式のアイロン台「Flippr」をKickstarterで発見しました。

アイロン台が
くるくる回転

9505cef46fdb83b2128ddc504457d68d7fe65717

手順は簡単。アイロン台にシャツを着せます。そしてアイロンをかけます。表側がおわったら、アイロン台を回転!

360度回るので、そのまま裏側に取りかかれるんです。

「襟袖は別のボードで」
シャツを外す必要ナシ

A1bb65f802494916ad9ae4cdc8006e9f563c6294

従来の台だと面倒だった袖のアイロンがけも簡単。内蔵されている細長い別のボードを引き出して、袖の中に入れて作業に取り掛かるだけ。

もう、手を中に入れて形を整えたりする必要はありません。襟の部分も同様です。

クリップで裾を留めて
パンツの折り目も完璧

D799fc866e11d75ef608343c2e0ab0bafa0727b2

パンツは、シャツに比べてパターンこそ単純ですが、折り目をきっちり決めないといけないのが難しいところ。

でも「Flippr」なら、備え付けのクリップに裾を挟んで形を整えればOK。まっすぐなクリースの完成です。

折り畳んで
キャスターでお片づけ

398930593ff8733151ea1c418174039b8636a456

キャスター付きで折りたたみ式なのも、いい。またカバーは取り外し可能で洗えます。さらに、堅牢なアルミフレームは高さの調節8段階の仕様。

こちら、Kickstarterで資金を調達済みで、1台99ドル(約11,000円)。日本へのシッピングは+110ドルと商品代より高くつきますが、合わせて209ドル(約24,000円)。ちょっと高額ですが、毎日使うことを考えればありかも?

Licensed material used with permission by Sharkk Labs
アイロンをかけたものの、変なところにシワができてしまったり、とにかくうまくアイロンをかけられないという経験はないでしょうか。実はいくつかのコツをつかむこと...
家事なんて、とりあえず部屋が片付けばいいんじゃないの?と思っていませんか?いえいえ、家事はアナタを幸せに導いてくれる魔法の時間なんです。自著『可愛くなる家...
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
「Collar Perfect」は持ち運び可能、手のひらサイズできになるところにだけ、挟み込む形でのアイロンが瞬時に可能なアイテム。旅行にもおすすめ。変形...
一体どういうことか。文字通り、家がクルクル回るんです。百聞は一見にしかず。まずは動画を見てみて下さい。どうやら子どもたちの力でも回っちゃうみたい。「PAT...
「ハイクヒッチ360」は、スイベルジョイント型といって二つのゲート(ひっかけるところね)が、360度回転するようになってます。おさまりのいい角度に固定する...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
、認知能力をあげ、頭の回転を早くするための「栄養バー」なるものの存在を知ってますか?
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
もしも、こんな家が実際にあったなら。と、想像だけで十分かもしれませんが、文字通り「バランスのとれたカップル」におあつらえ向きな家がデザインされました。だけ...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「頭の回転が速い人=賢い人」というイメージがあるかもしれません。恐らく、そういう人になりたい、どういった訓練をすればなれるのだろう?と考えていることも多い...