いろんなものを懐かしの「回転ダイヤル式」に変えてみました。

昭和を代表するアイテム「黒電話」で採用されていた“回転ダイヤル”。最近はめっきり見かけなくなってしまったが、あの感触が少し恋しいという方も多いのでは?
 
そんな懐かしのダイヤルを、ロシアの「CAMFRAE」というデザイン会社が“現代のさまざまな物”に埋め込んだイメージ画像を製作。
 
便利さとはかけ離れたこの仕組みだが、意外にもとても馴染んでいて、デザイン的にはむしろアリかもしれない......!

ダイヤル式キーボード。用途を限定すれば、もしかしたら意外と便利なのかも!

ダイヤル式クレジットカード認証機器。セキュリティ的に問題あり……?

ダイヤル操作電子レンジ。アナログなデザインで、機能的にも使えそうだ。

ダイヤル付き携帯電話。“ダイヤル式×ガラパゴス携帯”のまさかのコラボレーションが新鮮かも。

ダイヤル式ATM。打ち直しが面倒くさそう……。あと、後ろに行列ができちゃいそう......。

ダイヤル式エレベーター。とてもオシャレでフォトジェニックに!

ダイヤル式電卓。デザインはカッコイイが、機能的には厳しい?

ダイヤル式インターホン。遊びにきた友だちもビックリだ。

と、斬新な発想だが、あり得ないとは言い切れないデザインの数々。もしかしたら実現するものが、この中にあるかも……?

Top image: © 2019 CAMFRAE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
10月16日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「EO mini」は、水道水を除菌効果のある水に変えられるガ...
「西武園ゆうえんち」は、先月23日、大規模な改装を実施すると発表。改装後のコンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」。2021年のリニューアル時には...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...