いろんなものを懐かしの「回転ダイヤル式」に変えてみました。

昭和を代表するアイテム「黒電話」で採用されていた“回転ダイヤル”。最近はめっきり見かけなくなってしまったが、あの感触が少し恋しいという方も多いのでは?
 
そんな懐かしのダイヤルを、ロシアの「CAMFRAE」というデザイン会社が“現代のさまざまな物”に埋め込んだイメージ画像を製作。
 
便利さとはかけ離れたこの仕組みだが、意外にもとても馴染んでいて、デザイン的にはむしろアリかもしれない......!

ダイヤル式キーボード。用途を限定すれば、もしかしたら意外と便利なのかも!

ダイヤル式クレジットカード認証機器。セキュリティ的に問題あり……?

ダイヤル操作電子レンジ。アナログなデザインで、機能的にも使えそうだ。

ダイヤル付き携帯電話。“ダイヤル式×ガラパゴス携帯”のまさかのコラボレーションが新鮮かも。

ダイヤル式ATM。打ち直しが面倒くさそう……。あと、後ろに行列ができちゃいそう......。

ダイヤル式エレベーター。とてもオシャレでフォトジェニックに!

ダイヤル式電卓。デザインはカッコイイが、機能的には厳しい?

ダイヤル式インターホン。遊びにきた友だちもビックリだ。

と、斬新な発想だが、あり得ないとは言い切れないデザインの数々。もしかしたら実現するものが、この中にあるかも……?

Top image: © 2019 CAMFRAE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
「西武園ゆうえんち」は、先月23日、大規模な改装を実施すると発表。改装後のコンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」。2021年のリニューアル時には...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
通訳付きのため、英語が苦手で海外のオンラインサービスをこれまで利用できなかった人でも安心して受講できるオンラインヨガイベントが、8月8日~16日に開催され...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
トリニティ株式会社」が「テクノロジーは内側に、ファッションを外側に。」をテーマにすたウエアラブルデバイス「weara(ウェアラ)」を発表。高いデザイン性と...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
韓国人デザイナー、キム・インスが手がけた「Turning Chair」の紹介です。
昔のドラマや映画の空港のシーンで、パタパタと黒い板が反転して文字が表示される「反転フラップ式案内表示機」を見たことありませんか。それが、手に入ります。