めっちゃ懐かしい&新しい!昭和レトロに復活する「西武園ゆうえんち」

「西武園ゆうえんち」は、先月23日に大規模な改装を実施すると発表した。

プロジェクトは「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の来場者増加に尽力した森岡毅氏率いるマーケティング会社「刀」協力のもと、2021年の開業を目指す。

今年で開業70年を迎える同施設。老朽化が進み来場者数が低迷する現状を踏まえ、古さを活かした懐かしの“昭和レトロ”な街並みを再現。「心あたたまる幸福感に包まれる世界」をコンセプトに、大人世代には懐かしく、若者世代には新鮮な、奥ゆかしさ溢れる雰囲気を演出。

空間のみならず、食体験ライブパフォーマンス接客までも昔色に染まる。今の時代では味わえない、“おせっかいなほど、人懐っこい、人情味あふれる世界”が体感できる施設となりそうだ。

人間関係が希薄になっているように感じられる現代。新しくなるのにレトロな変身を遂げる「西武園ゆうえんち」で、人とのつながりの大切さを見直してみてはどうだろう。

© SEIBU RAILWAY Official Channel西武鉄道公式チャンネル/YouTube
Top image: © 西武園ゆうえんち
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...