「カセットテープ」に手を出したいけど、踏み切れてなかったあなたへ。

その魅力が再評価されている、カセットテープ。

音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow」で決定じゃないでしょうか。

究極にシンプルな
クリップ型プレーヤー

Elbow」は、クリップ型デザインのカセットプレーヤー。従来の機械部分を取り除き、極限までシンプルになっています。

そのまま服にとめることも可能。カセットテープ自体を「見せる」なんて、何だか新鮮。

カセットテープ本体よりも小さなフォルムは、持ち運びにもピッタリ。

操作もシンプルで
パソコンと連携もできる

操作方法は至ってシンプル。

カセットの片方の穴の部分にクリップをはめると、音楽がスタートします。丸い部分を左に回すと再生され、右に回すと早送りができます。

もちろんイヤホンを繋ぐことも可能。また、USB端子でパソコンを接続すれば、カセットの音源をパソコンに転送することもできてしまうんだそう。

Elbow」は現在開発段階で、2019年までに完成の予定です。販売方法もまだ未定とのことですが、価格としては50~100ドル(約5,600~約11,000円)を考えているそう。

リアルタイムでカセットテープを使っていた愛好家はもちろん、カセットテープを使ったことのない世代の目にも、レトロながら目新しいガジェットに映るかも?

Licensed material used with permission by Elbow Cassette Player, (Facebook)
他の記事を見る
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
80年代後半〜90年代前半にあったようなスケルトンのラジカセ、現行品です。ただただレトロと言ってしまうには、スポーティーで今の気分。チープ でガチャガチャ...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
「Poutnik(ポートニック)」のBLADE Jacketは、収納力を確保しながらもスッキリした印象です。
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
〈ANOD(アンドー)〉というメーカーのポータブルカセットプレーヤーです。3,000円出せば新品が買えるというチープさ。カセットの音を楽しみたい人はコレで。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
ONE OK ROCKやthe HIATUS、ストレイテナーなど数々のバンド/アーティストの決定的瞬間を切り取ってきたカメラマン、橋本 塁さん。約2,00...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
水曜日のカンパネラ、銀杏BOYZ、フィッシュマンズ、浅野忠信など、様々なアーティストが新しい音源の発表媒体としてチョイスするなど、一過性のブームを超えて、...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...