秘訣はアイロン!?夫に愛され続ける女性の「賢い家事術4つ」

家事なんて、とりあえず部屋が片付けばいいんじゃないの?と思っていませんか?いえいえ、家事はアナタを幸せに導いてくれる魔法の時間なんです。自著『可愛くなる家事』から、その方法をダイジェストで紹介します。

01.
浮気防止には
丁寧なアイロンを

kaji-kawaii0115082012

結婚したての新米主婦の方に、ぜひ買い揃えてもらいたいものがあります。それは、アイロンとアイロン台。なぜなら、「アイロンは、最強の浮気防止バリア」だから。
アイロンがかかったシャツは「後ろにしっかりした奥さまがいるな」という雰囲気を漂わせます。これが、ヨレヨレのシャツを着た男性だと、「奥さんは夫に気持ちを配れていないのかしら?」と思わせ、「あわよくば」と、女性にスキを見せてしまうのです。

アイロンは、面倒くさい家事どころか、まさに「愛」をプレスする、大事な仕事。妻や彼女だからこそできる、誇り高い、愛おしい仕事なのです。

02.
キッチンはステージ
いつでもピカピカな状態に

kaji-kawaii01150820-02

いざ、料理をやろうにも、流しには食器が山積み、ガス台は油よごれでギトギト。周りには使いかけの食材がてんこ盛り…。こんな状態で夫や彼を満足させる料理が作れるでしょうか?
実はおいしい料理が作れるかどうかは、キッチンに立った瞬間、包丁をにぎる前にすでに決まっています。料理が好き、という人で、キッチンがぐちゃぐちゃ、という人はごくまれです。

キッチンは、ステージ。使い勝手がよく、整理整頓され、ステンレスがピカピカに磨かれているか。それがまずおいしい料理を作るための大きな条件なのです。そこに立つ自分が、いつも軽やかな気持ちで、愛情たっぷりに腕をふるえるように、舞台としてのキッチンを作りましょう。

03.
掃除機は
本体を持ち上げて

shutterstock_56016802

私は、掃除機の本体を必ず持ち上げた状態で、掃除機をかけています。これは、曲がり角や他の置物、イスの脚など、どこにも傷を作らないための、小さな防御策です。ガツンガツンとぶつかっていくにつれ、傷ついていくのは、お家だけではありません。実は、あなたの女らしさ、可愛らしさにも無数の傷がついていくのです。

小さな部分を丁寧に行う。家事はその練習です。自分の中から「雑」を限りなく遠ざけ、細部にまで心を行き届かせる。そういった姿勢から、いい仕事は生まれるのです。

04.
パートナーに
最新の「武器」を持たせる

kaji-kawaii01142231

男は頼られること、認められること、そして武器を持つことで動く生きものです。ここでいう武器とは、掃除用具のこと。掃除用具を持たせると、男はがぜんやる気を得て、本来の力を発揮します。
「ねぇ、窓の上のほう、汚れているんだけど、どうしたらきれいになるかな」。ガラスクリーナーと伸びるモップでやればいいのがわかっていても、そこであえて「教えて」と、相手を頼るのです。実際、私は長年多くの方々に家事を教えてきましたが、男性の家事能力の伸びしろは無限大です。
夫や彼がいい男であるかどうか、それはすべて女性にかかっていると、私は思っています。

可愛くなる家事
コンテンツ提供元:サンマーク出版

高橋ゆき/Yuki Takahashi

家事研究家、家事代行サービス株式会社ベアーズ専務取締役。夫とともに、小さな清掃業からスタートさせた会社を、現在では社員120名、登録スタッフ数4,300名に育て上げる。現在は専務取締役としてマーケティングと人材教育を担当。家事のスペシャリストとして、テレビ・雑誌などで幅広く活動中。

夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
家事は部屋をきれいにするだけでなく、それ以上の効果があります。例えば「気」の流れをよくしたり、心の整理にもなったり。そして、一番強調したいのが「カワイイ自...
「Collar Perfect」は持ち運び可能、手のひらサイズできになるところにだけ、挟み込む形でのアイロンが瞬時に可能なアイテム。旅行にもおすすめ。変形...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
アイロンをかけたものの、変なところにシワができてしまったり、とにかくうまくアイロンをかけられないという経験はないでしょうか。実はいくつかのコツをつかむこと...
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
面倒だけど逃れられない作業、それはアイロンがけ。シャツを伸ばして、襟にアイロンをかけて、肩をまっすぐにして、手を入れてくちゃくちゃになった袖をなんとか伸ば...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
もともとは、パッケージデザインに興味を惹かれて紹介しようと思ったプロダクト。でも、あまりにもユニークな商品コンセプトの存在を知ったからには、もうそっちをメ...
日本の夫は、世界一、家事育児をしない。国際社会調査プログラム(ISSP)の調べによると、そんな事実が明らかになったそう。この危惧すべき状況を打破すべく、日...
オーストラリア在住で、シドニーからマッカイに引越しをしたウィルソン夫妻。夫のケンは仕事を探しましたが、田舎町ということもありなかなかうまくいきませんでした...
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
「いつ、誰が来ても問題ない部屋」を普段からキープできる人になれたとしたら、人生にどんな変化をもたらしてくれるのだろうか。「お片づけインストラクター」の尾井...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
いまや家事や育児を夫婦で分担するのはスタンダードになってきていますが、そこに対する男女の「認識の違い」が、夫婦間のイライラを生む原因になることも。「No ...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...