パートナーと家事について「IKEA」のゲームで対話してみない?

3月8日は「国際女性デー」。世界中の男女の格差などについて考える日だ。

昨今はそのギャップが少しずつ埋まっているようだが、実際にはコロナ禍で家で過ごす時間が増えた結果、家事の不平等がさらに浮き彫りになったともいわれている。

しかし、パートナーといざ家事の平等について話し合おうとしても、タイミング切り出し方が分からなかったりする......。そこで、家でのジェンダー平等の実現を掲げる「IKEA JAPAN」が、家事に関する対話を促すゲームを開発した!

人間関係を専門とする心理療法士のジェニー・ミラー氏の協力のもと完成したのは、デジタルカードゲーム「FiftyFifty」「家での平等についてオープンに楽しく(ケンカすることなく)会話を始めるためのツール」だそう。

ちなみに、あの世界的シンガーZara Larssonさん(ザラ・ラーソン)とパートナーのLamin Holménさん(ラミン・ホルメン)がこのゲームで遊んだ様子がコチラ。

© IKEA JAPAN/YouTube

「もっとも好きな家事ともっとも嫌いな家事は?」という質問に対して、ラーソンさんは「キレイになったお皿を食洗機から取り出すことと、汚いお皿を入れることかな」と回答。

一方、ホルメンさんは「好きなのは床掃除で、嫌いなのは掃除機かけることかな」。これに対してラーソンさんは「え、意味が分からない!」とびっくりした様子。

このように、パートナーの新たな一面を知れるかも?

「FiftyFifty」は国際女性デーに合わせて、3月8日にイケアの公式Instagramのストーリーで無償で提供されるそう。せっかくだから、パートナーを気軽にゲームに誘ってみては?

詳細を知りたい方は、特設ページから日本と世界の男女平等を比べたグラフなども掲載されていて興味深いぞ!

Top image: © イケア・ジャパン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。
僕らの日常にちょうどいい━━。そういう感覚でつき合える「IKEA」を集めてみました。
今年の「国際女性デー」にイギリスのフローリスト「Interflora」が男女の格差を“赤” と“白”のバラで表現したキャンペーンが話題となっている。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
全国の「IKEA」にスウェーデンの夏の風物詩「ザリガニ」メニューが登場。
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
いくつもの大型店舗をどかーんと構えるIKEAが、マンハッタンに“らしくない”店舗をオープンしました。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
家事代行のマッチングサービスを提供する「タスカジ」が11月から「家事クリエイター」という新資格の認定試験を開始。
IKEAの「LILLHULT リルフルト」は、なんてことはないLightning USBケーブルに見えて、実際に使ってみると絶妙な点がちらほら。
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
2020年冬、「IKEA渋谷」がオープン予定。
IKEAの「ÖVERMÄTT オーヴェルメット」はシリコン製のフードカバー。洗って繰り返し使える。
原宿、渋谷に次ぐ3店舗目の出店となる”都市型IKEA”が「新宿」に登場。あらゆる場所から集まる幅広い層の人に「IKEA」ならではのサステイナブルで快適な暮...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてリユース容器のトライアルをスタート。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。