花束が示す「男女の格差」

今年の「国際女性デー」にイギリスのフローリスト「Interflora」が男女の格差を“赤” と“白”のバラで表現したキャンペーンが話題となっている。

© InterfloraUK/Twitter

「世界のリーダーのうち、女性が占める割合は6.1%」

© InterfloraUK/Twitter

「イギリスでは女性CEOの割合は、20人に1人」

© InterfloraUK/Twitter

「2020年に女性が男性と同じ給料をもらうためには、36日間多く働かないといけない」

 

こうした統計的なデータも驚きだが、視覚的にもハッキリと分かるのは、“赤いバラ”の少なさだ。

ちなみに、この花束は3月8日限定で販売され、イギリスの各駅構内のサイネージで展示された模様。

花束に込められた想いが伝わり、この先より多くの赤いバラたちが咲くことを願うばかりだ。

今回の取り組みの詳細については、Interfloraの公式ブログからどうぞ。

Top image: © iStock.com/Brasil2
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事