日本は121位!気になる1位は?【ジェンダーギャップ指数2021】

「世界経済フォーラム(WEF)」による男女格差を示した「ジェンダーギャップ指数2021」。その最新版が3月31日に公開された。

今年はアフガニスタン、ガイアナとニジェールの3ヵ国が新たに加わり、総勢156ヵ国が対象となった。

そのなかで1位になったのは、男女平等率を示す0から1までのスコアで0.892を獲得したアイスランド。2006年から続くこの調査では、これまで12回もトップを飾っている。

また2位3位フィンランドノルウェーと北欧の国が高順位が維持。

一方、日本のスコアは0.656と120位。昨年の121位とほぼ変わらない下位ポジションだ。

その要因にあたる小項目別のランキングをみてみると「教育(スコア0.983、92位)」「医療(スコア0.973、65位)」では平等率が高いものの、「経済(スコア0.604、117位)」「政治(スコア0.061、147位)」の分野での低さが目立つ。

ジェンダー平等の意識は年々高まっているように思えるが、まだまだ実態は甘くないということだろう。

詳しい調査結果は公式サイトに掲載中。

Top image: © iStock.com/oatawa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事