男女の「賃金格差」を訴えるユニークなロウソクが話題に!香りは男性の◯◯!

ハリウッド女優グウィネス・パルトローの手がけているLA発のライフスタイルブランド「Goop」オシャレながらも奇抜なアイテムの数々で世間を騒がせてきた同ブランドであるが、先月発売した「女性器の香りがするアロマキャンドル」も販売開始から数時間で完売するほどの人気を誇った。

が、そんな話題性たっぷりのキャンドルに対して、カナダの広告会社が発売した社会風刺を混ぜたパロディ商品がさらなる反響を呼んでいる。

男女格差を訴えるキャンペーンとして発売された「男性器の香りがするアロマキャンドル」。前述のGoopから発売されたキャンドルが75ドルであったのに対して、今製品は100ドルとなっている。これには、カナダにおける男女の賃金格差が、男性に対して女性が25%程低いことに対するメッセージが込めているのだという。

「世界経済フォーラム」によると、世界的に男女の賃金格差はかなり深刻で、格差が完全になくなるには217年かかるとの試算も出ているとか。

売上はすべてカナダの女性人権団体「Canadian Women’s Foundation」寄付されるというこのキャンドル。物議を醸した商品を、華麗に社会問題にまで昇華させてみせた同社の企画力に拍手を送りたい。

© taxiagency/Instagram
Top image: © 2020 TAXI AGENCY
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、FIFA女子ワールドカップ2019で優勝したアメリカ代表の凱旋パレードに参加。その場で、アメリカサッカー界の男...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
「sheep」は、天然素材を用いたキャンドルの制作や香りの調合、パッケージングまでの工程を手づくりでおこなうソイキャンドルブランド。
「LUMOS CANDLE」は、マッチやライターいらずのアロマキャンドル。ボタンを押すだけで点火することができるから、最後まで香りを愉しむことができます。
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
映画『アイアンマン』シリーズなどへの出演で知られる女優グウィネス・パルトロウが、自身で設立したライフスタイルブランド「Goop」から、オーガズムの香りがす...
昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
2005年から韓国に住んでいるドイツ人の映像ディレクター。そこで西洋にはない男女間にある差を感じることに。長く住めば住むほど、その問題は歴史や文化に影響さ...
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
お値段は約7,000円(62.99ドル)。ちょっと高めですが、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』をテーマにした、5種類の香りが楽しめるそう。
おとぎ話の『シンデレラ』から始まり、映画でも『プリティウーマン』や『ノッティングヒルの恋人』など、格差を乗り越えて描かれるラブストーリーはじつに多彩。育ち...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
オーストラリアの通販サイトに登場したのは、「マクドナルド」の「チーズバーガー」の香りで仕上げたキャンドル。これ、需要あるんでしょうか(笑)
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
表参道交差点に6月27日にオープンした「RAIZIN R番地 OMOTESANDO PARK」。都会のど真ん中に突如現れた公園って、どーなんよ?
江戸時代の終わり頃、世界遺産・石見銀山で鉱夫たちが使っていた「福面」は、日本最古のマスクといわれている。鉱山病を防ぐために使用していたこの防塵マスクの素材...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
フランスの経済学者トマ・ピケティの経済学書『21世紀の資本』が、社会派ドキュメンタリーとして映画化。来月3月20日(金)より「新宿シネマカリテ」ほか全国順...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...