悲しい時に、「一緒に泣いてくれる」キャンドルが人気に!

ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。

演出するのは
「切ない」雰囲気!?

th_スクリーンショット 2015-09-08 20.19.20火を灯し、蝋が溶けてくると…ほら、泣いているように見えるでしょ? 「カワイイ!」とか「お洒落」じゃなくて、「悲しげな表情」こそが、このキャンドルスタンドの魅力なのです。

th_スクリーンショット 2015-09-08 22.25.25

じつは緻密に計算されていた!

手掛けたのは、韓国のデザインチームThe Jacks。Kickstarterで2015年8月25日に、資金募集を開始。現在では、15,000米ドルの目標金額に対し、その約5倍である70,000米ドル以上の資金を集めました。
アイデア一発のアイテムかと思いきや、きれいにロウが流れるよう、1年以上試行錯誤して生まれたデザインだとか。手がかかっているんです!

th_スクリーンショット 2015-09-08 22.32.36

ちなみに、キャンドルには5つのカラバリも。色ごとにそれぞれ違った香りがついています。

th_スクリーンショット 2015-09-08 22.31.47

黄色はコットンの香り、青色はラベンダーの香り、白色はバニラの香り、ピンク色はココナッツの香り、黒色はチョコレートの香りです。
現在、Kickstarterでは23米ドル(2,760円)から販売中。涙が流れてみえる様子は、動画からチェック!

Licensed material used with permission by The Jacks

倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
100均でも売ってるティーライトキャンドル。だけど、これは同じものでも、まったくレベルが違います。ギフトにしても喜ばれそう。
昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
バターが燃える、って意外と知られていないかもしれません。ここでは、YouTube動画で紹介され話題になった緊急時に役立つ「バターキャンドル」の作り方を紹介...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に...
お値段は約7,000円(62.99ドル)。ちょっと高めですが、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』をテーマにした、5種類の香りが楽しめるそう。
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
思い返してみると、「ケンタッキーフライドチキン」が手掛ける食以外のプロダクトは、面白いものでたくさん。フレイバーまでこだわったマニキュアがあれば、食欲をそ...
バースデーケーキのロウソクを消す「ふぅ〜っ」だって、少なからず撒き散らしているのでは?米・クレムゾン大学の食品安全研究チームは、それが本気で気になってしま...
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
GAKU-MC/ガク エムシーラッパー アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
今や日本語にも対応しているKickstarterが、規模の小さいキャンペーンだけを集めた特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。