100%蝋でできたちょっと不思議な「提灯キャンドル」

クラウドファンディングサービス「READYFOR」に、日本が誇る住宅総合機器メーカーとして知られる「TOTO」でシステムバスを作ってきたプロダクトデザイナーのビューリー 薫 ジェームスが手掛ける、ちょっと不思議なキャンドルが登場。

©READYFOR

「Chouchin Candle」は、蝋が溶けていくにつれて筒状のキャンドルから提灯のような形が現れ、灯りのゆらぎの変化を楽しめるキャンドル。

外側の融点の高い蝋は溶けずに内側の蝋のみが燃焼されると、ゆっくりと火が沈んでいき、凹凸模様が見えるという仕掛けだ。

また、外側の蝋がキャンドル受けの代わりにもなってくれるので、お皿を敷かずにスッキリした状態で置いておくことができるのだとか。

和の趣が残るミニマルなデザインは純和風の部屋から北欧テイストリゾートアジアンテイストまで、幅広いインテリアシーンにリラックス空間をもたらしてくれそう。

価格は1個5900円(税込)〜となっている。

©READYFOR
©READYFOR
©READYFOR

提灯の表情が現れるキャンドル|Chouchin Candle
【支援期間】12月11日(金)午後11:00まで
【プロジェクトページ】https://readyfor.jp/projects/chouchincandle

Top image: © READYFOR
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「sheep」は、天然素材を用いたキャンドルの制作や香りの調合、パッケージングまでの工程を手づくりでおこなうソイキャンドルブランド。
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
見た目はとってもシンプルな三角形の「キャンドルベース」。油さえあれば火がくようにしてくれます。サラダ油やオリーブオイル、廃油でも大丈夫なんだとか。
昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
映画『アイアンマン』シリーズなどへの出演で知られる女優グウィネス・パルトロウが、自身で設立したライフスタイルブランド「Goop」から、オーガズムの香りがす...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。