パクチーやトマト?「LOEWE」初のホームフレグランスシリーズが不思議

「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが、その香りがちょっと不思議。

コリアンダー(パクチー)トマトリーフビートルート(ビーツ)アイビーなど、普段はフレグランスとして使われないような野菜や植物の香り10種類を採用。

部屋中がパクチーの香りで満たされるって、心地いいのか、お腹が減ってしまうのか、ちょっと気になる……。

香りはともかく、デザインはとってもシックで洗練された上品さ。紀元前5世紀のギリシャのマグカップから着想を得たキャンドルのポットに、ルイ14世時代の枝付き燭台にインスパイアされたキャンドルホルダーまで、アンティークさを残しつつモダンな佇まい。

それぞれの植物と鮮やかなカラーで彩られられたパッケージもオシャレなので、プレゼントにも喜ばれそう。気になる人はコチラから。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
「sheep」は、天然素材を用いたキャンドルの制作や香りの調合、パッケージングまでの工程を手づくりでおこなうソイキャンドルブランド。
見た目はとってもシンプルな三角形の「キャンドルベース」。油さえあれば火がくようにしてくれます。サラダ油やオリーブオイル、廃油でも大丈夫なんだとか。
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
100均でも売ってるティーライトキャンドル。だけど、これは同じものでも、まったくレベルが違います。ギフトにしても喜ばれそう。
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
たっぷりのハーブとスパイスがあとを引くウマさ。
オーストラリアの通販サイトに登場したのは、「マクドナルド」の「チーズバーガー」の香りで仕上げたキャンドル。これ、需要あるんでしょうか(笑)
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
映画『アイアンマン』シリーズなどへの出演で知られる女優グウィネス・パルトロウが、自身で設立したライフスタイルブランド「Goop」から、オーガズムの香りがす...
昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「株式会社行雲」が運営する美観堂から「美観堂謹製 岡山パクチーしょうゆ」が新発売。
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...