パクチーが入っていないパクチーソースのTシャツ

 

「ショップT大集合」#7 LOVEパクチーSAUCE

 

1枚でサマになるトップスばかり選んでいた夏の反動か、涼しくなってきたいまはレイヤードが気分。メンズライクなスタイルが多く、Tシャツ×Tシャツ、スウェット×Tシャツの組み合わせが好みです。Tシャツを重ね着する場合は袖を折り返してインナーをちょい見せ、オーバーサイズのスウェットだと首元が詰まり気味のTシャツをインナーにしてちょい見せ、という感じ。

 
パクチーが入っていないパクチーソースで知られる『LOVEパクチーSAUCE』のTシャツは、バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
 
 
5898573161955328
©2018 宮川ヨシヒロ
5374217650438144
©2018 宮川ヨシヒロ
 
まだ白Tとの重ね着しかできていないけど、近々赤のスウェットがワードローブに仲間入りする予定。プリントと同じカラーでぜったい合う。はやく着たくてウズウズ!
 
4901646895153152
©2018 宮川ヨシヒロ
4753515738038272
©2018 宮川ヨシヒロ

 

※現在、『LOVEパクチーSAUCE』はオンラインショップのみで販売しています(Tシャツも同じく)。

 

Top image: © 2018 宮川ヨシヒロ
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
タイ料理やベトナム料理が好きな人にとってはパクチーは欠かせない香草ですよね。世の中にはパクチー専門のレストランもあるくらいで、最近では抗酸化作用がアンチエ...
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
たっぷりのハーブとスパイスがあとを引くウマさ。
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
首元がヨレたり全体的に色褪せた状態の方が、その魅力がより一層引き立ちそう。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
名のロゴがプリントされていなければ、胸ポケットのピッツァだって絵文字のようにアイコニックなデザイン(ぱっと見ペパロニですが、マルゲリータだそうです)。