ショップT

名のロゴがプリントされていなければ、胸ポケットのピッツァだって絵文字のようにアイコニックなデザイン(ぱっと見ペパロニですが、マルゲリータだそうです)。
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
誰もが一度くらいは、路上ライブなどでアコースティックギターを弾きながら歌うミュージシャンを目にしたことがあるのではないでしょうか。右手を上下にジャカジャカ...
1969年から輸入家具の販売とオリジナル家具の製作を手がけるインテリアショップ『ACTUS(アクタス)』。扱う商品ラインナップは暮らしに馴染む「使い心地」...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
人々の願いをフォトショップで解決するのは、James Fridman。確かにリクエストに対して応えてはいるかもしれないれど、どこかズレている。悪ノリしてい...
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
初見では子どもか大人かすらも分かりませんが、言われてみれば……納得です。
同窓会のノリだった。レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビー。愛すべきロクデナシたちと20年ぶりに再会した。本当なら、その年月の長さなんて微塵も感じな...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...