普通に見えて「とんでもなく長〜く着られる」無地Tシャツ

日本で一番ジーンズを売っているお店は?

答えはRight-on。

Right-onをカジュアル衣料の量販店だと思っている人は多いだろうし、そういう側面もあるけれど、根っこの部分はアメカジのセレクトショップ。実際、全国にあるどの店舗でもジーンズの品揃えには力が入ってる。

そんな“アメカジショップRight-on”が本気で作った無地Tシャツが「タフコット(TAF COT)」だ。

©2019 NEW STANDARD

四の五の言わずに、まずは1枚試してみるのがオススメ。この無地T、めちゃくちゃイイから。

この無地T、「満員電車でも快適だ」

夏だけの話じゃない。秋冬も暖房の効いた電車や建物の中、あるいは外を歩いている時でも汗ばむことがある。そんな時に大きな違いが出るのが「化学繊維か天然繊維か」だ。

Tシャツやインナーが化学繊維の場合は、繊維が汗を吸い込んでも乾きにくいため、肌にまとわりつくような、イヤ〜な感覚になることが多い。一方、天然繊維の場合は乾きが早いためサラッとしている。あくまで一般論だけれど、登山やスノースポーツをする人たちがインナーをウール100%こだわったりするのはこのためだ。

Right-onのオリジナル商品は天然素材にこだわっており、このタフコットもコットン100%。化繊は入ってない。

実際、水滴を垂らして生地が吸収するまで時間をはかるテストでは、なんと1秒という結果を出している(一般的な化繊のインナーは約4秒)。

だから、着心地がとってもイイ。満員電車でも快適だ!

→詳細はコチラ

この無地T、「ずっと新品みたいだ」

©2019 NEW STANDARD

まずは上の写真の見てほしい。左が新品、右が実際に100回洗ったサンプルとなっている。

まったく見分けがつかない!

そう、撮影用に洗濯テストをしたサンプルをお借りしたところ、実物も全部新品にしか見えなかった(笑)。色あせが目立つブラックなのに。

細かくチェックしてみたが、せいぜい袖の部分に少し縮みとシワがあるぐらいしか違いが見つけられなかった。

これだって劣化というよりは、“いい感じに馴染んできた”というレベル。100回洗って、これは本当にスゴイ!

©2019 NEW STANDARD

じつは、これこそがタフコットの真骨頂。めちゃくちゃにタフなのだ。着用や洗濯を繰り返しても毛羽立ちや色あせが極端に少なく、毛玉にもなりにくい。ネックや袖の部分もヨレにくいときてる。

ズバリ素材が優秀なのだ。“タフコット”というのは、もともと熊本の第一紡績という企業が独自に生産している素材の名前。通常よりも丁寧に巻きつけて糸を作っていくことで、同じコットン100%でも他にはない“丈夫で長持ち”を実現しているというわけだ。

→詳細はコチラ

この無地T、「コーディネートが楽だ」

ここまで“天然素材でタフなTシャツ”として紹介してきたけれど、じつはタフコットは“ジーンズに合う、究極のTシャツ”として開発されたアイテムだ。

だから

ジーンズのように、どんなコーディネートにもハマる。

ジーンズのように、丈夫で、毎日のように、長く着用できる。

ジーンズのように、色やモデルによってニュアンスが違ってくるから個性も出せる。

シンプルな無地Tだけど、タフコットはファッションアイテムとしてもこんな特徴を持っている。

ここではタフコットのラインナップのなかから、TABI LABO編集部がピックアップしたメンズ&ウィメンズのモデルを紹介。ちなみに、全部すぐにEC購入可能だ。

1枚で着てもいいし、ジャケットのインナーにしてもいい。間違いないホワイトのロンT

©2019 NEW STANDARD

クルーネックロンT メンズ
サイズ:S-XL
カラー:ホワイト
2,490円(税抜)

→今すぐ欲しい!

“なぜかこればっかり着ちゃう系”「オフシロ」のTシャツ

©2019 NEW STANDARD

左:クルーネックロンT ウィメンズ
サイズ:S-L
カラー:オフシロ
2,490円(税抜)

右:クルーネック半袖Tシャツ ウィメンズ
サイズ:S-L
カラー:オフシロ
1,990円(税抜)

※半袖はウィメンズのみの展開

→今すぐ欲しい!

↑ロンTはコチラから↑

→今すぐ欲しい!

↑半袖Tはコチラから↑

この風合い!アメカジ派にオススメの1着

©2019 NEW STANDARD

ワッフルヘンリーロンT メンズ
サイズ:S-XL
カラー:濃色
2,990円(税抜)

→今すぐ欲しい!

毛羽立ちにくいからこそアウター使いもOK!品のあるライトグレー

©2019 NEW STANDARD

VネックロンT ウィメンズ
サイズ:S-L
カラー:ライトグレー
2,490円(税抜)

→今すぐ欲しい!

色あせを気にせずガシガシ着れるタンクトップは、シャツのインナーやホームウェアに

©2019 NEW STANDARD

タンクトップ ウィメンズ
サイズ:M-L
カラー:ブラック
1,490円(税抜)

→今すぐ欲しい!

秋冬大活躍!スウェット感覚のワッフルT

©2019 NEW STANDARD

ワッフルクルーネックロンT メンズ
サイズ:S-XL
カラー:ネイビー
2,990円(税抜)

→今すぐ欲しい!

ここで紹介したのは、ラインナップの一部。メンズ、ウィメンズとも、他のモデルや色もある。下のボタンからチェックを!

→全モデルをチェックしたい!
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
スタンダードこそいいものを。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
「ファッションの信用」を掲げる日本発のブランド「EQUALAND」の紹介です。
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。