ボーダーもいいけど、無地にも注目したい「セントジェームス」。

〈セントジェームス〉といえばボーダーのカットソー。

ボーダーのカットソーといえば〈セントジェームス〉。

そこに異論はありませんが、このブランドの旗艦モデルといえる「ウエッソン」の魅力は、ボーダー柄だけじゃありません。

ボートネックやちょっとだけ短い袖(これがまたカッコイイ!)、着込んで洗うほどに肌に馴染み風合いの出てくる肉厚なコットン生地。船乗りたちのユニフォームとして進化してきた、このスタイルこそが真骨頂。

そう考えると、なにもボーダー柄にとらわれる必要もないんじゃないかと。アイコニックなボーダー柄もいいけど、無地で“さりげなくセントジェームス”っていうのもアリなんじゃないかと。

実際に毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされています。

例えば、今なら写真のエンジ、オレンジ、白なんかどうでしょう? どれもコーディネートしやすそうです。

それぞれ税込み1万800円。

公式オンラインショップで購入可能です。

1b3896b7500de8fd7cc1744e7436c78fea94576bBcc576bf9dff5972dd0544e9b7251b768a711132Bcc96fed47e681c39584090f49d752a9f3e1b6d69756dbee3a6125af5be77066b8f6654595fced76

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
アイルランドで最大規模のお祭り「セント・パトリックス・デー(St Patrick's Day)」。この日の主役セント・パトリックとは、不況のためにアイルラ...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
1960年代から70年代あたりにフランスの〈ブルボン社〉が制作した通称「ブルボンキーホルダー」。一見おもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体...
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
〈iTTi(イッチ)〉の「REMY SACOCHE」。外ポケットもなくシンプルです。カタチとしては普通のサコッシュなんですが、フランスの老舗タンナーによる...
ここは、カリブ海にあるセント・マーチン島マホビーチ。真隣に空港があるので、人々の真上をジャンボジェット機が通っていき、吹き飛ばされるぐらいの風が起こるそう...
〈アンシャンテ・ジャポン〉の「南部鉄器カラーポット」。フランスをはじめとして、海外で人気が高いそうです。無骨なイメージのある南部鉄器をカラフルに仕上げてい...
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
フランスのアウトドアブランド〈Lafuma(ラフマ)〉の「Futura」です。屋内外どちらでも使える、折りたたみ式リクライニングチェア。ただし、ここで言う...
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...