ボーダーもいいけど、無地にも注目したい「セントジェームス」。

〈セントジェームス〉といえばボーダーのカットソー。

ボーダーのカットソーといえば〈セントジェームス〉。

そこに異論はありませんが、このブランドの旗艦モデルといえる「ウエッソン」の魅力は、ボーダー柄だけじゃありません。

ボートネックやちょっとだけ短い袖(これがまたカッコイイ!)、着込んで洗うほどに肌に馴染み風合いの出てくる肉厚なコットン生地。船乗りたちのユニフォームとして進化してきた、このスタイルこそが真骨頂。

そう考えると、なにもボーダー柄にとらわれる必要もないんじゃないかと。アイコニックなボーダー柄もいいけど、無地で“さりげなくセントジェームス”っていうのもアリなんじゃないかと。

実際に毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされています。

例えば、今なら写真のエンジ、オレンジ、白なんかどうでしょう? どれもコーディネートしやすそうです。

それぞれ税込み1万800円。

公式オンラインショップで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
スタンダードこそいいものを。
「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
アイルランドで最大規模のお祭り「セント・パトリックス・デー(St Patrick's Day)」。この日の主役セント・パトリックとは、不況のためにアイルラ...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
1960年代から70年代あたりにフランスの〈ブルボン社〉が制作した通称「ブルボンキーホルダー」。一見おもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
〈iTTi(イッチ)〉の「REMY SACOCHE」。外ポケットもなくシンプルです。カタチとしては普通のサコッシュなんですが、フランスの老舗タンナーによる...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
〈アンシャンテ・ジャポン〉の「南部鉄器カラーポット」。フランスをはじめとして、海外で人気が高いそうです。無骨なイメージのある南部鉄器をカラフルに仕上げてい...