ドット柄は「あの英国諜報員」の定番シーンがモチーフ

オシャレだな~って人の袖を見ると、スウォッチをしていることが多い!

こと「楽しいよね!」って言える時計といえば、スウォッチ。

ならばハッピーな気分になって迎えたい新年度に向けて、買っておこうか……え?「007」のスウォッチだと!?

へ~、人気シリーズの最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ/ No Time To Die』の2020年公開にむけて、インスパイアされたコレクションが登場してるのかぁ。

それも歴代ボンド、それぞれのモデルがあるらしいじゃないの!

記念すべきボンド映画の1作目から
「DR. NO 1962」

冒頭から「ボンド……ジェームズ・ボンド」という名セリフが登場する、 1962年公開の第1作『ドクター・ノオ(原題:Dr.No)』のインスパイアモデル。
主人公のスーツ姿に見立てたのか全体カラーのベースはブラックストライプ

ブルー、イエロー、レッド、グリーンのドットは、作中、敵のボスを追ってジャマイカを横断するストーリーを思い起こさせるもの。
そして、このドット柄。今作で、映画史に初めてお目見えする、歩いてきたボンドが横に振り向きざま銃を撃つオープニング=通称“ガンバレル”の丸い枠をヒントにあしらわれてるのだとか。

よく見れば、文字盤の時間表示は、敵役の名前「NO」の文字で一周していている遊び心。ブラックを背景に、鮮やかなカラーでアクセントをつけるあたりは、ショーン・コネリーが演じた初代ボンドの“冷徹な雰囲気とニヒルな笑い”も醸している!

劇中、いつも携帯しているポケットサイズのべレッタから、勝負のためのワルサーPPKに銃を替えるシーンがあるのだけど、このスウォッチもそんなちょっと気分を変えて臨みたい特別なときに普段使いのと替えて着けるなんて使い方もよさそう。

41㎜の幅のケースにシリコンベルトというオーソドックスなスウォッチではあるのだけど、スマートで洒落た印象を手元から放ってくれそうなところがスパイのくせして存在感あるジェームズ・ボンドっぽい。

初代がつくりあげたそのイメージ、ひとまず手に当てて感じてみて!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

©スウォッチ

『007 TRIBUTE「DR. NO 1962」』
【コレクション】2020 SpringSummer
【コレクション名】James Bond
【ムーブメント】クオーツ
【防水】3気圧防水
【ケース】幅:41.00mm 厚:9.85mm 高:47.40mm
【価格】1万3200円(税込)

Top image: © スウォッチ
「007」映画にインスパイアされた限定コレクション7番目のスウォッチは、主人公ボンドではなく、追跡デバイスから秘密兵器まで、優れたガジェットを作り出す人物...
007シリーズ第6作、映画『女王陛下の007』のオリジナルポスターに使われたキャッチコピーから着想した文字が、ベルトから文字盤の背景までドーンと描かれたト...
さて、ダニエル・クレイグにタイム・トゥ・ダイがきました。
コミカルな雰囲気と、整った顔立ちでたちまち人気となったのがロジャー・ムーア演じる3代目ボンドによるシリーズ通算11作目『ムーンレイカー』をトリビュートした...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
楽しいって大事!それを感じられる腕時計っていえば、やっぱりスウォッチ!新年に向けて時計買うか……というわけで、ミレニアルズに人気のスウォッチを一挙紹介!!
トリビュートしたのは、現在のジェームズ・ボンド、6代目ダニエル・クレイグ最初の「007」作品『カジノ・ロワイヤル』。トランプをモチーフにカジノのイメージを...
このスウォッチが着想を得たのは、あの故・ダイアナ妃が「原作に最も近いジェームズ・ボンド」と評したティモシー・ダルトンの4代目ジェームズ・ボンド2作目『消さ...
「007」映画のシリーズ19作目『ワールド・イズ・ノット・イナフ』の映画ポスターがモチーフにした限定スウォッチ。炎の文様と文字盤上のアイコン的な銃身を思わ...
映画『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』の主題歌をビリー・アイリッシュが担当することが発表された。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
昔のキーワード「シンプル・イズ・ベスト」は、僕たちの世代じゃ“ミニマリズム”として定番に。そんなミニマリストにぴったりのデザインといったスウォッチの最新モ...
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...
オシャレ上手な人は着こなしに彩りがあっても、シンプルかつスマートにまとめる算段が抜群にうまい!まさにそんな巧みな洒落っ気を具現化したスウォッチ「SISTE...
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
台湾のドクターズコスメシェアNo.1ブランド「DR.WU 」が日本初上陸する。品質の高さから、台湾旅行での買い物やお土産の定番としても知られていたブランド...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
スウォッチの流行したワケがなんとなくうかがえる1本が「REVIVAL」。87年に発表されたモデル「NINE TO SIX」を現代的にアレンジし、2019年...
スウォッチには発売当初からスケルトンモデルがあって、1983年のモデル「JELLY FISH」は伝説的な存在!「BIG BOLD JELLY」は、あの往年...