このスウォッチ、ミニマリストにすごくいい!

なんだか最近、スウォッチをしている人を見かけることが多くなった。

この人、洒落てるなーと思ったら袖からスウォッチがのぞいている。高級時計もいいし、スポーツウォッチもスマートウォッチもいいけど、こと「楽しいよね!」って言える時計ってスウォッチな気がする。楽しいって大事だ。

さーて、新年に向けて時計買うか!

というわけで、ミレニアルズに人気のスウォッチを紹介。

「ELEMENTARY」
ミニマムなのにPOP!?

まさしく現代のミニマリストにぴったりのデザインといったスウォッチの最新モデル「ELEMENTARY」。

昔のキーワード「シンプル・イズ・ベスト」は、僕たちの世代じゃ“ミニマリズム”として定番に。スウォッチは、そんなミニマリズムからスタートしたといってもいいアイテム。

だからミニマルの定義を改めて教えてくれるデザインは秀逸のひと言!注目したいのは短針、長針、秒針のポップな3色使い。無駄をそぎ落とし過ぎて、モノクロになってしまうと、それはそれで退屈……。そんないまの気分もちゃんとわかってくれている。

さらに付け加えると、このモデルはBau Swatchコレクションのひとつ。このBauとは約100年前に興った革命的なバウハウス運動に由来する名称。そしてバウハウスは美術、建築分野で装飾性を排したモダンデザインを確立したドイツの美術学校でもある。その美意識は2020年を迎えようとするいまも脈々と受け継がれている。

つまりELEMENTARYを含むBau Swatchは、バウハウス様式を再現した身につけるモダンデザインといっていいアイテム。

 

信じるか信じないか、腕にスマホを当ててお試しあれ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

©スウォッチ

ミニマルなのに、さりげない個性が漂う。

デザイン通を自認するならELEMENTARYの格好よさに、きっと共感できるはず。

『ELEMENTARY』
【コレクション】2019 FallWinter
【コレクション名】Bau Swatch
【ムーブメント】クオーツ
【防水】3気圧防水
【ケース】幅:41.00mm 厚:9.85mm 高:47.40mm
【価格】9350円(税込)

Top image: © スウォッチ
楽しいって大事!それを感じられる腕時計っていえば、やっぱりスウォッチ!新年に向けて時計買うか……というわけで、ミレニアルズに人気のスウォッチを一挙紹介!!
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
スウォッチの流行したワケがなんとなくうかがえる1本が「REVIVAL」。87年に発表されたモデル「NINE TO SIX」を現代的にアレンジし、2019年...
オシャレ上手な人は着こなしに彩りがあっても、シンプルかつスマートにまとめる算段が抜群にうまい!まさにそんな巧みな洒落っ気を具現化したスウォッチ「SISTE...
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...
にぎやかなデザインも悪くはない。けれど、サステナブルが注目される時代性を反映したデザインは意識したい。そんな世の流れを分かっている人にこそスウォッチの「S...
スウォッチには発売当初からスケルトンモデルがあって、1983年のモデル「JELLY FISH」は伝説的な存在!「BIG BOLD JELLY」は、あの往年...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
キム・カーダシアンの写真からお尻を研究し、3Dデータ化して作り出したアイテムの紹介。
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
手首が細くてぴったりの時計が見つからないって人にオススメなのが〈G-SHOCK〉の「G-SHOCK MINI」です。なかでも「GMN-500」というモデル...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...