明度なくてもキラキラ目立つ時計!宇宙に旅立つ「007」をイメージ

オシャレだな~って人の袖を見ると、スウォッチをしていることが多い!

こと「楽しいよね!」って言える時計といえば、スウォッチ。

ならばハッピーな気分になって迎えたい新年度に向けて、買っておこうか……え?「007」のスウォッチだと!?

へ~、人気シリーズの最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ/ No Time To Die』の2020年公開にむけて、インスパイアされたコレクションが登場してるのかぁ。

それも歴代ボンド、それぞれのモデルがあるらしいじゃないの!

キラキラした3代目らしい
「MOONRAKER 1979」

コミカルな雰囲気と、整った顔立ちでたちまち人気となったのが3代目ボンド、ロジャー・ムーア。ユーモアセンスに優れ、艶気のあるイイ男というボンドの根幹ともいうキャラクター像をつくりあげたスター

そんなキラ星のスターであるボンドが、まさにといった感じで宇宙に旅だったのが、シリーズ通算11作目『ムーンレイカー(原題:MOONRAKER)』

この作品をトリビュートしたスウォッチでは、劇中に登場するスペースシャトル“MOONRAKER”が文字盤上を飛行。フェイスもバンドも無数の星が瞬く宇宙空間をイメージしたインキーブルーのデザイン。

よくよく見れば色数も少なく、特別凝ったデザインでもない。色濃いブルーもマットなカラーなのに、スペーシーでキラキラとした印象が押し出される1本。まるで、特別なことをしなくてもボンド・ガールを次々に魅了する3代目ボンドみたい?

ストーリー性あるスウォッチの楽しさといやでも醸し出されるスター的な魅力を楽しむなら、ロジャー・ムーアが演じたボンド作品から生まれたこの時計がおススメってことでしょう。
着けてる自分を想像すれば、わかるはず!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

©スウォッチ

『007 TRIBUTE「MOONRAKER 1979」』
【コレクション】2020 SpringSummer
【コレクション名】James Bond
【ムーブメント】クオーツ
【防水】3気圧防水
【ケース】幅:41.00mm 厚:9.85mm 高:47.40mm
【価格】1万3200円(税込)

Top image: © スウォッチ