破って!「007の呪い」――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスです!

新しいボンド映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のトレーラーが、12月4日で公開されました。さすが白熱のアクション、美しい女性に美しいロケーション。そして、ダニエル・クレイグにとって最後のジェームズ・ボンドになります。

思い返せば、クレイグ時代になって007シリーズは大きく改善されました。2006年の『007/カジノ・ロワイヤル』は国際的に大ヒット。2012年『007/スカイフォール』が公開した時にも、クレイグがジェームズ・ボンド役をやめたがっているなんて噂もありました。彼の気持ちはわかります。イギリスの俳優にとってジェームズ・ボンドは一生分のロールだから。

さて、彼のタイム・トゥ・ダイがきました。

© ユニバーサル・ピクチャーズ公式 / YouTube

007の呪いは知っていますか?

ショーン・コネリーは、1971年に007シリーズをやめました。

007シリーズでスーパースターになったコネリーですが、プライベートではジェームズ・ボンドが嫌いだったとか。殺したいとまで言ってたそうですよ。理由は世界中の映画ファンがコネリーを「みてみて!ジェームズ・ボンドだ!」と指差すから。役者として認めてもらいたいコネリーからすると、ボンドのイメージから脱却したかったんですね。

結果的にコネリーは、『オリエント急行殺人事件』『薔薇の名前』『レッド・オクトーバーを追え!』『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』といったタイトルでさまざまなロールを取ることで、オール・タイム・グレートな俳優になりました。

だけど、彼以外のジェームズ・ボンドは、そうではありません。

ジョージ・レーゼンビーの名前と出演作を覚えている人はいますか?1985年以降のロジャー・ムーアの出演作は?ティモシー・ダルトンは映画ではなく、イギリスのテレビと演劇の世界へ(彼はすごい俳優だと思いますが)。ピアース・ブロスナンはいろいろな作品に出演しているけれど、『マンマ・ミーア!』では歌えてないと思うし、主演をはるイメージではなくなりましたね。

“007の呪い”っていうのは、ジェームズ・ボンド役の俳優が大成しないということです。それだけ、役のイメージが強くなってしまうんですね。

僕はクレイグを応援したい!

ジェームズ・ボンドをやめたクレイグの状況は、ほかの元ジェームズ・ボンドたちよりもいいかもしれない。彼にはたくさん出演作があり、ヒット作もあります。だからといって、油断はできません。

イギリスで、今年の11月にリリースされた『ナイブス・アウト』はかなり好評ですが、日本では2020年1月公開です。

© シネマトゥデイ / YouTube

僕は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』も楽しみだけど、その先のダニエル・クレイグを応援したい!

クレイグさん、007の呪いを破ってください。

Top image: © Axelle/Bauer-Griffin/Getty Images
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
映画『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』の主題歌をビリー・アイリッシュが担当することが発表された。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
先月、スイスのジュネーブ市は市内の横断歩道を示す道路標識の半分を「女性モチーフ」に変更すると発表。これにより500の標識の約半分が女性をデザインしたものに...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
回転すしの「スシロー」が2020年秋から開催される「ドバイ万博」に出展することが決定。スシロー流のこだわりで日本の魅力を世界にアピールする。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。