破って!「007の呪い」――ベンのトピックス

みなさん、ベンのトピックスです!

新しいボンド映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のトレーラーが、12月4日で公開されました。さすが白熱のアクション、美しい女性に美しいロケーション。そして、ダニエル・クレイグにとって最後のジェームズ・ボンドになります。

思い返せば、クレイグ時代になって007シリーズは大きく改善されました。2006年の『007/カジノ・ロワイヤル』は国際的に大ヒット。2012年『007/スカイフォール』が公開した時にも、クレイグがジェームズ・ボンド役をやめたがっているなんて噂もありました。彼の気持ちはわかります。イギリスの俳優にとってジェームズ・ボンドは一生分のロールだから。

さて、彼のタイム・トゥ・ダイがきました。

© ユニバーサル・ピクチャーズ公式 / YouTube

007の呪いは知っていますか?

ショーン・コネリーは、1971年に007シリーズをやめました。

007シリーズでスーパースターになったコネリーですが、プライベートではジェームズ・ボンドが嫌いだったとか。殺したいとまで言ってたそうですよ。理由は世界中の映画ファンがコネリーを「みてみて!ジェームズ・ボンドだ!」と指差すから。役者として認めてもらいたいコネリーからすると、ボンドのイメージから脱却したかったんですね。

結果的にコネリーは、『オリエント急行殺人事件』『薔薇の名前』『レッド・オクトーバーを追え!』『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』といったタイトルでさまざまなロールを取ることで、オール・タイム・グレートな俳優になりました。

だけど、彼以外のジェームズ・ボンドは、そうではありません。

ジョージ・レーゼンビーの名前と出演作を覚えている人はいますか?1985年以降のロジャー・ムーアの出演作は?ティモシー・ダルトンは映画ではなく、イギリスのテレビと演劇の世界へ(彼はすごい俳優だと思いますが)。ピアース・ブロスナンはいろいろな作品に出演しているけれど、『マンマ・ミーア!』では歌えてないと思うし、主演をはるイメージではなくなりましたね。

“007の呪い”っていうのは、ジェームズ・ボンド役の俳優が大成しないということです。それだけ、役のイメージが強くなってしまうんですね。

僕はクレイグを応援したい!

ジェームズ・ボンドをやめたクレイグの状況は、ほかの元ジェームズ・ボンドたちよりもいいかもしれない。彼にはたくさん出演作があり、ヒット作もあります。だからといって、油断はできません。

イギリスで、今年の11月にリリースされた『ナイブス・アウト』はかなり好評ですが、日本では2020年1月公開です。

© シネマトゥデイ / YouTube

僕は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』も楽しみだけど、その先のダニエル・クレイグを応援したい!

クレイグさん、007の呪いを破ってください。

Top image: © Axelle/Bauer-Griffin/Getty Images
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
「007」映画にインスパイアされた限定コレクション7番目のスウォッチは、主人公ボンドではなく、追跡デバイスから秘密兵器まで、優れたガジェットを作り出す人物...
007シリーズ第6作、映画『女王陛下の007』のオリジナルポスターに使われたキャッチコピーから着想した文字が、ベルトから文字盤の背景までドーンと描かれたト...
1962年公開の第1作『007 ドクター・ノオ』のインスパイアモデル。主人公ジェームズ・ボンドのスーツ姿のようにベースカラーはブラックストライプ。
映画『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』の主題歌をビリー・アイリッシュが担当することが発表された。
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
より良いセックスのための、相性の合う人、時間帯、頻度、6つの法則などを紹介。大学の研究結果や恋愛アドバイザー、ライターによる「最高のセックスにするための方...
Netflixでおすすめ! シズル感たっぷりの「Netflixオリジナル作品のグルメ番組」を紹介。『ストリート・グルメを求めて: アジア』『100万ポンド...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...