ミレニアルズの腕にはスウォッチだ!
新年に「コレ欲しい!」って時計6選

この人、洒落てるなーと思ったら、袖から覗いているのはスウォッチな気がする。

こと「楽しいよね!」って言える時計っていったらスウォッチ。何より楽しいって大事!さーて、新年に向けて時計買うか!

というわけで、ミレニアルズに人気のスウォッチを一挙紹介!!どの時計も詳細ページへクリックすれば、腕にあてて試すこともできるのでぜひチェックしてみて。

01
デッカいのがお洒落!のビッグサイズ
「BBNEON」

©SWATCH

【コレクション】2019 Winter/Swatch Big Bold
【ケース】幅:47.00mm 厚:11.75mm 高:44.80mm
【価格】1万3200円(税込)

『BBNEON』のページへ

02
ミニマリストにも合うPOPな感じ!
「ELEMENTARY」

©SWATCH

【コレクション】2019 FallWinter/Bau Swatch
【ケース】幅:41.00mm 厚:9.85mm 高:47.40mm
【価格】9350円(税込)

『ELEMENTARY』のページへ

 
 

03
手元にエネルギッシュな80'sが宿る!
「REVIVAL」

©SWATCH

【コレクション】2019 XMasCollection/Vintag
【ケース】幅:41.00mm 厚:9.85mm 高:47.40mm
【価格】9350円(税込)

『REVIVAL』のページへ

04
ルックスもプライスも“ちょうどいい”
「SKINEARTH」

©SWATCH

【コレクション】2019 Winter/Skin Irony 42
【ケース】幅:42.00mm 厚:6.70mm 高:45.60mm
【価格】1万9800円(税込)

『SKINEARTH』のページへ

05
カラフル文字盤でも意外とスマート
「SISTEM COL-ORA」

©SWATCH

【コレクション】2019 Winter/I love your folk
【ケース】幅:42.00mm 厚:13.90mm 高:50.60mm
【価格】1万8700円(税込)

『SISTEM COL-ORA』のページへ

06
下品にならないし、カワイイ!ちょうどイイ!!
「Flik Flakのグリッター」

©フリックフラック

スウォッチグループに属するキッズ用スイスメイドウォッチブランドからもセレクト!

【コレクション】2019 Winter/Flik Flak Futuristic
【ケース】幅:36.70mm 厚:10.23mm 高:35.00mm
【価格】6325円(税込)

Flik Flak『GLITTERAXUS』のページへ

Top image: © フリックフラック
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
昔のキーワード「シンプル・イズ・ベスト」は、僕たちの世代じゃ“ミニマリズム”として定番に。そんなミニマリストにぴったりのデザインといったスウォッチの最新モ...
スウォッチの流行したワケがなんとなくうかがえる1本が「REVIVAL」。87年に発表されたモデル「NINE TO SIX」を現代的にアレンジし、2019年...
オシャレ上手な人は着こなしに彩りがあっても、シンプルかつスマートにまとめる算段が抜群にうまい!まさにそんな巧みな洒落っ気を具現化したスウォッチ「SISTE...
他店にはマネできないドムドムの独創的なバーガー。日の目を見ることなく“ボツ”となってしまった商品化NGバーガーに焦点をあてる。
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...
にぎやかなデザインも悪くはない。けれど、サステナブルが注目される時代性を反映したデザインは意識したい。そんな世の流れを分かっている人にこそスウォッチの「S...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
今年6月、渋谷の「宮下公園」が「MIYASHITA PARK」となって復活。スケート場やボルダリングウォールに加え、サンドコート仕様の多目的スペースや芝生...
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道の「COMMUNE」内に期間限定でオープン。
ヴァージル アブローとコラボレーションをした「エビアン スペシャルボックス ヴァージル アブロー」が販売中だ。日本ではバーニーズ ニューヨーク限定で、70...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
手首が細くてぴったりの時計が見つからないって人にオススメなのが〈G-SHOCK〉の「G-SHOCK MINI」です。なかでも「GMN-500」というモデル...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...