スパイ映画のクールな大人感をスウォッチに纏わせたら……

オシャレだな~って人の袖を見ると、スウォッチをしていることが多い!

こと「楽しいよね!」って言える時計といえば、スウォッチ。

ならばハッピーな気分になって迎えたい新年度に向けて、買っておこうか……え?「007」のスウォッチだと!?

へ~、人気シリーズの最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ/ No Time To Die』の2020年公開にむけて、インスパイアされたコレクションが登場してるのかぁ。

それも歴代ボンド、それぞれのモデルがあるらしいじゃないの!

4代目の大人っぽさがある
「LICENCE TO KILL 1989」

このスウォッチが着想を得たのは、あの故・ダイアナ妃が「原作に最も近いジェームズ・ボンド」と評したティモシー・ダルトンが演じる4代目ジェームズ・ボンドの2作目『消されたライセンス(原題:LICENCE TO KILL)』

描写や表現がハードな作品として知られ、どこか影のあるところが魅力的なボンドが、007の代名詞たる殺しのライセンスが取り消される中、フロリダとメキシコに渡り麻薬王サンチェスを追いかけるストーリー。

時計のバンドには、麻薬王サンチェスのペット・イグアナと夕日の下で揺れるヤシの木をモチーフにしたデザインが描かれ、舞台となったフロリダの美しい海をイメージしたブルーが施されている。

ケースサイズが幅34mmとやや小ぶりで、それまでのボンドの派手さ、華やかさとは違う大人な4代目の雰囲気を感じさせるスマートさ

80年代の終わりの超アクション映画とは一線を画した硬派なストーリーが評価された同作品のように、ポップさばかりなイメージのスウォッチの中でもしっとりと落ち着いた雰囲気をもったルックスに惚れる……。

実際に腕に着けた姿を想像できれば、そのよさがわかるはず。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

©スウォッチ

『007 TRIBUTE「LICENCE TO KILL 1989」』
【コレクション】2020 SpringSummer
【コレクション名】James Bond
【ムーブメント】クオーツ
【防水】3気圧防水
【ケース】幅:34.00mm 厚:8.75mm 高:39.20mm
【価格】1万2100円(税込)

Top image: © スウォッチ
「007」映画にインスパイアされた限定コレクション7番目のスウォッチは、主人公ボンドではなく、追跡デバイスから秘密兵器まで、優れたガジェットを作り出す人物...
楽しいって大事!それを感じられる腕時計っていえば、やっぱりスウォッチ!新年に向けて時計買うか……というわけで、ミレニアルズに人気のスウォッチを一挙紹介!!
1962年公開の第1作『007 ドクター・ノオ』のインスパイアモデル。主人公ジェームズ・ボンドのスーツ姿のようにベースカラーはブラックストライプ。
007シリーズ第6作、映画『女王陛下の007』のオリジナルポスターに使われたキャッチコピーから着想した文字が、ベルトから文字盤の背景までドーンと描かれたト...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
昔のキーワード「シンプル・イズ・ベスト」は、僕たちの世代じゃ“ミニマリズム”として定番に。そんなミニマリストにぴったりのデザインといったスウォッチの最新モ...
オシャレ上手な人は着こなしに彩りがあっても、シンプルかつスマートにまとめる算段が抜群にうまい!まさにそんな巧みな洒落っ気を具現化したスウォッチ「SISTE...
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...
コミカルな雰囲気と、整った顔立ちでたちまち人気となったのがロジャー・ムーア演じる3代目ボンドによるシリーズ通算11作目『ムーンレイカー』をトリビュートした...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
スウォッチの流行したワケがなんとなくうかがえる1本が「REVIVAL」。87年に発表されたモデル「NINE TO SIX」を現代的にアレンジし、2019年...
トリビュートしたのは、現在のジェームズ・ボンド、6代目ダニエル・クレイグ最初の「007」作品『カジノ・ロワイヤル』。トランプをモチーフにカジノのイメージを...
スウォッチには発売当初からスケルトンモデルがあって、1983年のモデル「JELLY FISH」は伝説的な存在!「BIG BOLD JELLY」は、あの往年...
にぎやかなデザインも悪くはない。けれど、サステナブルが注目される時代性を反映したデザインは意識したい。そんな世の流れを分かっている人にこそスウォッチの「S...
イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ イタリア」の新作腕時計「VAULT(ヴォルト)」には、隠し金庫の機能が搭載。小銭や錠剤、メモリーカードなどが収納で...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「007」映画のシリーズ19作目『ワールド・イズ・ノット・イナフ』の映画ポスターがモチーフにした限定スウォッチ。炎の文様と文字盤上のアイコン的な銃身を思わ...
さて、ダニエル・クレイグにタイム・トゥ・ダイがきました。
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...