レブロン・ジェームスが「YMCA」の子どもたちに自転車シェアライドの会員パスをプレゼント!

アメリカ国内のライドシェアサービス「Uber」と双璧をなしている「Lyft」。クルマのシェアサービスを提供してきた同社が、自転車シェアサービス「LyftUp」を発表。

新しいサービスのキャンペーンがおこなわれたのは、ニューヨーク・ハーレムの「YMCA」。そこに集まった50人ほどの子どもたちを前に、レブロン・ジェームスサプライズで登場。そして、なんと同サービスを利用可能な1年間会員パスプレゼントしたのだ。

じつはこのサービス、「Lyft」と「YMCA」、さらにレブロン・ジェームスの協力を得て、貧困家庭16歳〜20歳の青少年たちは、無料で利用ができるという。

自転車好きでも知られるレブロンは「小さい頃、自転車は僕のすべてだった。自転車のおかげで多くのことができるようになった。自転車は僕の生き方だった」と自転車の持つ可能性について語った。

ニューヨークシカゴサンフランシスコから始まるという同サービス。エコ安価な自転車での移動と子どもたちの暮らし、どちらも活発になってくれることに期待したい。

© Lyft/Instagram
Top image: © Maddie Meyer/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事