レブロン・ジェームスが「YMCA」の子どもたちに自転車シェアライドの会員パスをプレゼント!

アメリカ国内のライドシェアサービス「Uber」と双璧をなしている「Lyft」。クルマのシェアサービスを提供してきた同社が、自転車シェアサービス「LyftUp」を発表。

新しいサービスのキャンペーンがおこなわれたのは、ニューヨーク・ハーレムの「YMCA」。そこに集まった50人ほどの子どもたちを前に、レブロン・ジェームスサプライズで登場。そして、なんと同サービスを利用可能な1年間会員パスプレゼントしたのだ。

じつはこのサービス、「Lyft」と「YMCA」、さらにレブロン・ジェームスの協力を得て、貧困家庭16歳〜20歳の青少年たちは、無料で利用ができるという。

自転車好きでも知られるレブロンは「小さい頃、自転車は僕のすべてだった。自転車のおかげで多くのことができるようになった。自転車は僕の生き方だった」と自転車の持つ可能性について語った。

ニューヨークシカゴサンフランシスコから始まるという同サービス。エコ安価な自転車での移動と子どもたちの暮らし、どちらも活発になってくれることに期待したい。

© Lyft/Instagram
Top image: © Maddie Meyer/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
世界中で愛されるスヌーピーが登場する漫画『ピーナッツ』が、スポーツブランド「PUMA」とコラボ。ピーナッツのキャラクターたちが多数登場するこのコラボコレク...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。
自転車パーツブランド「GORIX」が発売した「GORIX 超肉厚クッション低反発サドル (GX-C118) 」。肉厚で柔らかく、弾力がある座面と、ダブルサ...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
ドイツで生まれた自転車用リフレクター「FLECTR 360 WING」が、サイクリストの安全をしっかりと確保してくれそうだ。