たしかに「頭と自転車」は濡れない!あとは見た目だけ……

自転車が主な移動手段の自分にとって、雨の日ほど憂うつなものはありません。もちろん自転車専用のレインコートやポンチョもあるけれど、折りたたんだ後の置き場に困るのと、あと意外と湿気で蒸れるんですよね。アレ嫌いで。

じゃあ、これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるというアイデア。

ポンチョと傘のいいとこどり

もう、見たまんま。

「UNDER-COVER」は、その設計図の通り、自転車と身体が濡れないことに重点を置いた新しい形の傘。基本的な構造は傘そのものですが、一部がポンチョに近い形になっていて、そこから首を通すことができるようです。

顔は思いっきり雨風に晒されますが、身体やハンドル、かごの荷物など、濡れて困るものはしっかり守ってくれる。

さっと開いて、パッとさして、カチッと自転車のフレームに固定。これだけ。

クリーンエネルギーの供給を目指すUNDER-COVERの開発者Thomas Schmidt氏。「燃料を使わない地球に優しい乗り物、それが自転車」だと、雨の日でも快適な運転の追求に長い年月をかけてきたと言います。多くのサイクリストにヒアリングするなかで、自転車防水用の傘の要望を聞き、形にしたのがこのUNDER-COVER。

使わないときでも、走行に支障をきたさないよう、シンプルに収納。

片手が傘でふさがってしまうことも、風によって傘があおられる心配もなさそう。手が濡れてかじかんだり、ハンドルが滑ってしまうことってよくありますよね。雨の日の安全って結構重要ですから。

詳細は以下の動画で。あとは見た目のアリなしの部分だけかな。

Photo by exergia
Licensed material used with permission by exergia
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。