ありそうでなかった「タテ移動する」自転車。その目的は…

「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。

Vycle」と名付けられてはいるものの、まだ試作品の段階とのこと。使い勝手や使用場所など、諸々あった疑問をこの機会に紐解いてみた。

階段とエレベーターの
ちょうど真ん中

「縦に移動する手段って、階段とエレベーターくらいしかないから」これは、自転車の開発やデザインに携わるElenaさんの言葉。

階段よりもっと楽に、そして、エレベーターより電力を使わずに移動できる方法はないものかと考えた時、思いついたのがVycleだったらしい

想定している移動範囲は2〜6階まで。上に進むだけではなく、下へ下がることもできる。

動画を見て一番最初に頭に浮かんだことは、「ペダルをこぐの相当大変じゃないの?重くないの?」ということ。

Elenaさんが言うには、システムが重さを調整してくれ、自分の体重の10%の重さを踏むだけだという。つまり、体重が70kgある人は7kg分の重さを踏むだけ。

のんびりノロノロ昇降では、使用したいと思う人すら出てこないのでは?が正直な感想。なのにどうだろう。調べてみるとそのスピード、人間が階段をのぼるのとほぼ同じくらいだっていうじゃないか。今後電動アシスト機能を取り入れ、より速度を上げる計画を立てているようだけど。

オフィスや働く人に
将来「変化」をもたらす?

概要は把握できたにせよ、実際世に出て使用される場面はまだ想像しにくい。

Elenaさん的には、主にオフィス内での使用をこんな感じにイメージしているようで。電力などを使わずこぐ力だけで進むため、「エコ空間を大切にするオフィスでの活躍が期待できる」と鼻息が荒い。共有スペースをうまく活用できるように、という思いも込められているそう。

将来導入される日がくれば、オフィスのデザインから働く人のライフスタイルまで、幅広く影響を及ぼすことになるかもしれない。

Licensed material used with permission by Vycle(Instagram), (Twitter)
他の記事を見る
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ドイツのティッセンクルップ社が開発したエレベーターは、ワイヤーの代わりに電磁石を利用し、上下だけでなく左右にも移動可能。ベルリンに建設される「イーストサイ...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...