ありそうでなかった「タテ移動する」自転車。その目的は…

「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。

Vycle」と名付けられてはいるものの、まだ試作品の段階とのこと。使い勝手や使用場所など、諸々あった疑問をこの機会に紐解いてみた。

階段とエレベーターの
ちょうど真ん中

「縦に移動する手段って、階段とエレベーターくらいしかないから」これは、自転車の開発やデザインに携わるElenaさんの言葉。

階段よりもっと楽に、そして、エレベーターより電力を使わずに移動できる方法はないものかと考えた時、思いついたのがVycleだったらしい

想定している移動範囲は2〜6階まで。上に進むだけではなく、下へ下がることもできる。

動画を見て一番最初に頭に浮かんだことは、「ペダルをこぐの相当大変じゃないの?重くないの?」ということ。

Elenaさんが言うには、システムが重さを調整してくれ、自分の体重の10%の重さを踏むだけだという。つまり、体重が70kgある人は7kg分の重さを踏むだけ。

のんびりノロノロ昇降では、使用したいと思う人すら出てこないのでは?が正直な感想。なのにどうだろう。調べてみるとそのスピード、人間が階段をのぼるのとほぼ同じくらいだっていうじゃないか。今後電動アシスト機能を取り入れ、より速度を上げる計画を立てているようだけど。

オフィスや働く人に
将来「変化」をもたらす?

概要は把握できたにせよ、実際世に出て使用される場面はまだ想像しにくい。

Elenaさん的には、主にオフィス内での使用をこんな感じにイメージしているようで。電力などを使わずこぐ力だけで進むため、「エコ空間を大切にするオフィスでの活躍が期待できる」と鼻息が荒い。共有スペースをうまく活用できるように、という思いも込められているそう。

将来導入される日がくれば、オフィスのデザインから働く人のライフスタイルまで、幅広く影響を及ぼすことになるかもしれない。

Licensed material used with permission by Vycle(Instagram), (Twitter)

関連する記事

ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、独「アーヘン工科大学」と共同で設計した“新しいノリモノ”は...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
日・米・独の3ヵ国から最新の自転車を3種類ピックアップ。
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
自転車パーツブランド「GORIX」が発売した「GORIX 超肉厚クッション低反発サドル (GX-C118) 」。肉厚で柔らかく、弾力がある座面と、ダブルサ...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
「集中して仕事の効率を高めたい」という要望に応えるキャスター付きの個室ブースが誕生。室内の静かな場所を求めて、適宜移動できる集中ブースだ。昨今のテレワーク...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...