世界最先端のプロジェクション・マッピングは「自転車」で移動式!

ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自転車が活躍するのは太陽が落ちてから。

街をプロジェクションで
遊びに変える自転車

LOW-2014-04-27-02.04.14-2_o

きらびやかなネオンで装飾した自転車には、2万ルーメンのプロジェクター、PC、バッテリー、さらにはスピーカーが搭載されています。これは結構、重そう…。
このプロジェクションマッピングしながら走る自転車「Suaveciclo」を開発したのは、ブラジルのサンパウロに拠点を置くメディアアート・デュオのvjsuave

LOW-0266_o

街中の建物や壁、街路樹をそのまま活かし、自転車で移動しながら手書きのキャラクターを投影させていく二人。ビルの物陰から、ひょこっとキャラクターが顔を出したり、猫がマンションの壁を逆さまに歩いてみたり。まるで、街全体がアニメの世界に迷い込んだよう。これには子供たちも大喜び。

街に溶け込む
手描きの温かみ

 

いわゆるプロジェクションマッピングって、映像美や世界的建造物との融合など、どちらかというと、テクノロジーの観点や開催場所に注目がいきますよね。でも、対照的にvjsuaveの手法は、手描きのキャラクーに詩やメッセージを添えて、壁や街路樹、湖、歩道に投影していくスタイル。それはなぜか?
そこに暮らす人々との対話や、遊び心を喚起して、彼らの「パフォーマンスと人々が一体になること」を目指しているからなんだそう。ともすれば子供の落書きのような、手描きのキャラクターにこだわる理由は、ここに狙いがあった訳です。

スクリーンショット 2015-10-15 11.26.44

フィルムフェスティバルや音楽イベントにも引っ張りだこのvjsuaveのふたり。ブラジル国内に留まらず、彼らはこのSuavecicloでロシア、スイス、ドイツ、スロバキア、ルクセンブルク、ポルトガルにも出没。突如始まるプロジェクションマッピングは、大人から子供まで世界の人々を魅了し、評価を得ているようですよ。

Licensed material used with permission by VjusaveFacebook

関連する記事

アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、独「アーヘン工科大学」と共同で設計した“新しいノリモノ”は...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
世界でもっとも長い爪を持つ米・テキサス州在住のアイアナ・ウィリアムスさんが、ついにその爪を切る決断をしたらしい。約30年間伸ばし続け、全長7.3mに到達し...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
自転車パーツブランド「GORIX」が発売した「GORIX 超肉厚クッション低反発サドル (GX-C118) 」。肉厚で柔らかく、弾力がある座面と、ダブルサ...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...