世界で最も「おしゃれな自転車レース」。当然、ドレスコードありです!

ドレスコードは「ツイード」。

まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催されている。

もちろん、参加者は全員ツイードを身にまとい自転車を走らせる訳だが、これがレースとは名ばかり。なぜなら、このイベントは速さよりも、その“着こなし”こそが醍醐味だから。

ツイードの“着こなし”を
楽しみながら自転車で走る

Photo by Laura Fletcher

毎年、クラシカルなツイード姿のサイクリストたちで、ロンドン市内が大にぎわいとなるのが「The Tweed Run(ツイード・ラン)」。今年で8回目を迎える。ツイードスタイルを楽しみながら、タウンサイクルのマナーを向上していこうというのが目的。この日ばかりは、モードもアンダーグラウンドも、サイケも、ファストファッションも押しのけ、正統派の英国紳士スタイルに着飾った彼らが主役だ。

Photo by Laura Fletcher
Top Photo by Matt Shaw

最もオーソドックスなスタイルは、ツイードのジャケットにハンチング、ボウタイや蝶ネクタイでビシッとキメた1920年代〜40年代の英国紳士風。ちなみに女性は、サイクリングスカートにシャツ、ケープなど。もちろんパンツスタイルも認められている。思い思いの着こなしにご自慢のマイチャリを披露しながら、伝統のファッションを体感する一日。参加者はもちろん、見物人も十二分に楽しめる。

英式「喫茶文化」も忘れずに

Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw

そんなイベントもうひとつの魅力が、道中なんでもアリの「自由度」の高さ。たとえば、道中ミルクやレモン入りの紅茶をカフェで上品にいただいたり、公園でピクニックランチを楽しむのもOK。その代わり、何をするにも“急がず慌てず”に。主催団体の「エチケットガイド」にも、この文言はしっかり明記されている。

アフタヌーンティーこそ、優雅さの象徴ということだろうけど、こうなるともはや、「自転車イベント」というコンセプトすら眉唾ものに思えてしまう。でも、これが楽しくないはずがない!

これは、おしゃれの祭典!?
お手本にしたい、
ツイードスタイル

Photo by Laura Fletcher
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Ben Broomfield
Photo by Matt Shaw

じつは、2012年から
日本でも毎年開催してます!

Photo by Toy Dog
Photo by Toy Dog

このロンドン発祥イベント、現在ではニューヨーク、フィレンツェ、シドニーなど、世界の主要都市でも開催され、日本にも2012年に初上陸。東京、大阪、名古屋でおしゃれロンドナーたちに劣らない、多くのファッショニスタがランを楽しんでいる様子。「Tweed Run Tokyo」はじめ公式サイトは現在閉鎖中だが、例年通り、今秋もきっと開催されるはず。要チェック!

Top Photo by Patrick Straub
Licensed material used with permission by The Tweed Run

関連する記事

アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
「マツダ」が、バーチャルレースカー「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」をオンライン提供中。PS4用ゲーム『グランツーリスモSPORT...
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
あの子も、この子も、そして、わたしも。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...