世界で最も「おしゃれな自転車レース」。当然、ドレスコードありです!

ドレスコードは「ツイード」。

まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催されている。

もちろん、参加者は全員ツイードを身にまとい自転車を走らせる訳だが、これがレースとは名ばかり。なぜなら、このイベントは速さよりも、その“着こなし”こそが醍醐味だから。

ツイードの“着こなし”を
楽しみながら自転車で走る

Photo by Laura Fletcher

毎年、クラシカルなツイード姿のサイクリストたちで、ロンドン市内が大にぎわいとなるのが「The Tweed Run(ツイード・ラン)」。今年で8回目を迎える。ツイードスタイルを楽しみながら、タウンサイクルのマナーを向上していこうというのが目的。この日ばかりは、モードもアンダーグラウンドも、サイケも、ファストファッションも押しのけ、正統派の英国紳士スタイルに着飾った彼らが主役だ。

Photo by Laura Fletcher
Top Photo by Matt Shaw

最もオーソドックスなスタイルは、ツイードのジャケットにハンチング、ボウタイや蝶ネクタイでビシッとキメた1920年代〜40年代の英国紳士風。ちなみに女性は、サイクリングスカートにシャツ、ケープなど。もちろんパンツスタイルも認められている。思い思いの着こなしにご自慢のマイチャリを披露しながら、伝統のファッションを体感する一日。参加者はもちろん、見物人も十二分に楽しめる。

英式「喫茶文化」も忘れずに

Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw

そんなイベントもうひとつの魅力が、道中なんでもアリの「自由度」の高さ。たとえば、道中ミルクやレモン入りの紅茶をカフェで上品にいただいたり、公園でピクニックランチを楽しむのもOK。その代わり、何をするにも“急がず慌てず”に。主催団体の「エチケットガイド」にも、この文言はしっかり明記されている。

アフタヌーンティーこそ、優雅さの象徴ということだろうけど、こうなるともはや、「自転車イベント」というコンセプトすら眉唾ものに思えてしまう。でも、これが楽しくないはずがない!

これは、おしゃれの祭典!?
お手本にしたい、
ツイードスタイル

Photo by Laura Fletcher
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Ben Broomfield
Photo by Matt Shaw

じつは、2012年から
日本でも毎年開催してます!

Photo by Toy Dog
Photo by Toy Dog

このロンドン発祥イベント、現在ではニューヨーク、フィレンツェ、シドニーなど、世界の主要都市でも開催され、日本にも2012年に初上陸。東京、大阪、名古屋でおしゃれロンドナーたちに劣らない、多くのファッショニスタがランを楽しんでいる様子。「Tweed Run Tokyo」はじめ公式サイトは現在閉鎖中だが、例年通り、今秋もきっと開催されるはず。要チェック!

Top Photo by Patrick Straub
Licensed material used with permission by The Tweed Run
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」がつくるビーチクルーザータイプのe-Bike「THE RUFFI...
タッチパッドとトラックパッドが一体化された次世代のキーボード「Prestigio Click&Touch」が応援購入サービス「Makuake」で1/30(...
1月7日、株式会社D'Yquemから「KARAAGE2.0」のβ版がリリースされた。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...