世界で最も「おしゃれな自転車レース」。当然、ドレスコードありです!

ドレスコードは「ツイード」。

まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催されている。

もちろん、参加者は全員ツイードを身にまとい自転車を走らせる訳だが、これがレースとは名ばかり。なぜなら、このイベントは速さよりも、その“着こなし”こそが醍醐味だから。

ツイードの“着こなし”を
楽しみながら自転車で走る

5e0cf9542ac1d44bfadfb3d4240e931db17d7862
Photo by Laura Fletcher

毎年、クラシカルなツイード姿のサイクリストたちで、ロンドン市内が大にぎわいとなるのが「The Tweed Run(ツイード・ラン)」。今年で8回目を迎える。ツイードスタイルを楽しみながら、タウンサイクルのマナーを向上していこうというのが目的。この日ばかりは、モードもアンダーグラウンドも、サイケも、ファストファッションも押しのけ、正統派の英国紳士スタイルに着飾った彼らが主役だ。

A53a467f67e3404c100bf9b56633ffd0f3a34b8b
Photo by Laura Fletcher
3d559e52b0e6021b4f32cc8bc6858be70b1ee498
Top Photo by Matt Shaw

最もオーソドックスなスタイルは、ツイードのジャケットにハンチング、ボウタイや蝶ネクタイでビシッとキメた1920年代〜40年代の英国紳士風。ちなみに女性は、サイクリングスカートにシャツ、ケープなど。もちろんパンツスタイルも認められている。思い思いの着こなしにご自慢のマイチャリを披露しながら、伝統のファッションを体感する一日。参加者はもちろん、見物人も十二分に楽しめる。

英式「喫茶文化」も忘れずに

8ea9a9b2113fb11e3fd4735cd078d8699fae4f1f
Photo by Patrick Straub
7fe342ba792519c3ce66093d7911505d601793e7
Photo by Matt Shaw
Dec440b2df46b7acdb780b6d788752b9e7fe3b1c
Photo by Matt Shaw

そんなイベントもうひとつの魅力が、道中なんでもアリの「自由度」の高さ。たとえば、道中ミルクやレモン入りの紅茶をカフェで上品にいただいたり、公園でピクニックランチを楽しむのもOK。その代わり、何をするにも“急がず慌てず”に。主催団体の「エチケットガイド」にも、この文言はしっかり明記されている。

アフタヌーンティーこそ、優雅さの象徴ということだろうけど、こうなるともはや、「自転車イベント」というコンセプトすら眉唾ものに思えてしまう。でも、これが楽しくないはずがない!

これは、おしゃれの祭典!?
お手本にしたい、
ツイードスタイル

58e2449d2118429e62c3c2ccc4dd7b398d257055
Photo by Laura Fletcher
963b49f028dacc6d27c0cce2dbf3cff1b1b143dc
Photo by Matt Shaw
756282171d222b0a0f9b35d2acabb4c968b78a01
Photo by Matt Shaw
9586db8eed9cdae17343c02d2f6b311560f86aec
Photo by Patrick Straub
59acb1c498b811c3ee6b79a764ae703647a491dc
Photo by Matt Shaw
B9ab4d7ec76dd3e2875c4782159a8e88a44e0a9b
Photo by Matt Shaw
0b34c8048a0ca02e602b01591e5ffa208757b9a7
Photo by Matt Shaw
De742b4f8f0b3ff23818e074d2043f6606a0c18f
Photo by Matt Shaw
9752c17282f467e0943080811de96b822881a6f3
Photo by Patrick Straub
41351362677812ec33abef8a054a55584b58acce
Photo by Matt Shaw
3b770cc568172c0764cebb3d411f41c809dde2a0
Photo by Matt Shaw
3f501362995b9b8542aaa77a6d5d668fa52bb98b
Photo by Ben Broomfield
516a55f68aea0fd829a2b21d2fc7a55035600fce
Photo by Matt Shaw

じつは、2012年から
日本でも毎年開催してます!

08bc5c51d39985c79ea4b54cd074cf81022865c9
Photo by Toy Dog
5315340d7047032225ab3f0b2450ae9efbe77cd8
Photo by Toy Dog

このロンドン発祥イベント、現在ではニューヨーク、フィレンツェ、シドニーなど、世界の主要都市でも開催され、日本にも2012年に初上陸。東京、大阪、名古屋でおしゃれロンドナーたちに劣らない、多くのファッショニスタがランを楽しんでいる様子。「Tweed Run Tokyo」はじめ公式サイトは現在閉鎖中だが、例年通り、今秋もきっと開催されるはず。要チェック!

Top Photo by Patrick Straub
Licensed material used with permission by The Tweed Run
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...