世界で最も「おしゃれな自転車レース」。当然、ドレスコードありです!

ドレスコードは「ツイード」。

まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催されている。

もちろん、参加者は全員ツイードを身にまとい自転車を走らせる訳だが、これがレースとは名ばかり。なぜなら、このイベントは速さよりも、その“着こなし”こそが醍醐味だから。

ツイードの“着こなし”を
楽しみながら自転車で走る

Photo by Laura Fletcher

毎年、クラシカルなツイード姿のサイクリストたちで、ロンドン市内が大にぎわいとなるのが「The Tweed Run(ツイード・ラン)」。今年で8回目を迎える。ツイードスタイルを楽しみながら、タウンサイクルのマナーを向上していこうというのが目的。この日ばかりは、モードもアンダーグラウンドも、サイケも、ファストファッションも押しのけ、正統派の英国紳士スタイルに着飾った彼らが主役だ。

Photo by Laura Fletcher
Top Photo by Matt Shaw

最もオーソドックスなスタイルは、ツイードのジャケットにハンチング、ボウタイや蝶ネクタイでビシッとキメた1920年代〜40年代の英国紳士風。ちなみに女性は、サイクリングスカートにシャツ、ケープなど。もちろんパンツスタイルも認められている。思い思いの着こなしにご自慢のマイチャリを披露しながら、伝統のファッションを体感する一日。参加者はもちろん、見物人も十二分に楽しめる。

英式「喫茶文化」も忘れずに

Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw

そんなイベントもうひとつの魅力が、道中なんでもアリの「自由度」の高さ。たとえば、道中ミルクやレモン入りの紅茶をカフェで上品にいただいたり、公園でピクニックランチを楽しむのもOK。その代わり、何をするにも“急がず慌てず”に。主催団体の「エチケットガイド」にも、この文言はしっかり明記されている。

アフタヌーンティーこそ、優雅さの象徴ということだろうけど、こうなるともはや、「自転車イベント」というコンセプトすら眉唾ものに思えてしまう。でも、これが楽しくないはずがない!

これは、おしゃれの祭典!?
お手本にしたい、
ツイードスタイル

Photo by Laura Fletcher
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Patrick Straub
Photo by Matt Shaw
Photo by Matt Shaw
Photo by Ben Broomfield
Photo by Matt Shaw

じつは、2012年から
日本でも毎年開催してます!

Photo by Toy Dog
Photo by Toy Dog

このロンドン発祥イベント、現在ではニューヨーク、フィレンツェ、シドニーなど、世界の主要都市でも開催され、日本にも2012年に初上陸。東京、大阪、名古屋でおしゃれロンドナーたちに劣らない、多くのファッショニスタがランを楽しんでいる様子。「Tweed Run Tokyo」はじめ公式サイトは現在閉鎖中だが、例年通り、今秋もきっと開催されるはず。要チェック!

Top Photo by Patrick Straub
Licensed material used with permission by The Tweed Run
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...