【9歳の少女がなぜ?】ネイビーシールズ仕込みの過酷な耐久レースに挑んだワケ

弱冠9歳のアスリート少女、ミラ・スターが成し遂げた偉業に注目が集まっています。

アメリカ海軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」がプロデュースする24時間耐久のエクストリームレースに挑戦し、見事完走をしてしまったのです。

でも彼女がこんな過酷なチャレンジをするのには、深い理由がありました。

最年少の
チャレンジャー

Ed40f107f255a8762091bbeb75441a704d234799

彼女が参加したのは「BattleFrog 24hour」という米軍仕込みのレースで、1マイル×6つのトラックがあり、そこには水中も含む27の障害物が設定されているというもの。ミラはまず3つのトラックをクリアし、午前2〜6時に仮眠して、残りの3つを走り切ったそうです。

しかも彼女が参加したコースは「子供用」ではなく、「ミリタリースタンダード」と呼ばれる大人と同じもの、というから驚き。

14940782f1bf3f72536575a5620a7a9715fd591f70014ff9b6a4a6c1c18d246460ea6bff2d44860f

レースに向けたミラの体作りは9ヶ月前から始まり、1回3時間のトレーニングを週に5回も行ったそうです。いったい何が彼女をそこまで奮い立たせたのでしょうか?

「いじめに立ち向かうためよ」

9157de3a778bdd3b722d078d5ae70dcd91fc24f3

そもそもは、学校でのいじめに立ち向かうためにトレーニングを始めたというミラ。良きパートナーでありトレーナーでもある父、クリスチャンはこう語ります。

「体が引き締まるに連れて、自然といじめはなくなりました。ミラも自分を守る術を知ったのです。さらに彼女は『iPadに夢中な同世代の子供たちに、影響を与えたい。私にビデオゲームは必要ないの』と。彼女は私にとってもヒーローなのです」

35551656f250be460f65cba073adb8f328481752Ce6d374e372d262f0617e253a8889b67f7e67bd4

ミラ自身もこう語ります。

「私はもういじめは受けません。自分自身で立ち上がる方法を知っているから。私は自分のやっていることに誇りを持っています」

6078b27babe4b38d17b6700930035cef602775d1

彼女のInstgramを見ると、大好きなパパや愛犬と笑顔で学校に通う写真もアップされています。そこには「IamTheAntiBully(アンチいじめ)」のハッシュタグも。

「ラクな人生を送りたいとは思いません。たとえつらくハードでも、達成感のある人生を味わいたい」

3a7259114baee0b707bf81450a05adc0ea32c94c

誰も成し得なかった小さな少女のチャレンジに、拍手!

Licensed material used with permission by millastarbizzoto.com
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
Mark Divine氏はアメリカの特殊部隊ネイビーシールズに20年間在籍していた元隊員です。格闘技を30年間、ヨガを15年間、それぞれトレーニングを積ん...
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
米海軍特殊部隊、ネイビーシールズの元司令官Mark Divine氏が、1日を充実させるために毎朝実践している6つのことを明らかにしています。実はこれ、イラ...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、...
わずか8歳にして難易度の高いトライアスロンに参加し、見事完走したBailey Matthewsくんの動画が話題を呼んでいます。彼は脳性まひというハンディキ...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
宇宙服や戦闘服、防弾チョッキなどに用いられる硬質合成繊維を織り込んでつくった耐久性最強クラスのパーカー「100 Year Hoodie」。その過酷な商品テ...
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
わずか15歳で命を落とした彼女が残した『アンネの日記』には、過酷な生活のなかで、それでも彼女が夢を描いていたこと、恋をしていたこと、強い志を持っていたこと...
ビジネスであれスポーツであれ、輝かしい成功の裏には人知れぬ努力があるもの。それは、ここで紹介する「バレエ」の世界にも当てはまるようです。以下の写真は、バレ...
「Elite Daily」ライターAshley Fern氏は、友人と一緒にジュースクレンズでのダイエットに挑み、その結果を記事にしました。食事をジュースに...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...