なぜ5歳の少女は、歴史上の偉大な「黒人女性」になりきったのか

アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えたりするのです。

そんな黒人歴史月間に、ある少女が話題を呼びました。5歳になるローラちゃんは、著名なアフリカ系アメリカ人女性に紛して、一ヶ月間毎日、写真を撮り続けてTwitterに投稿していったのです。

歴史に名を残した
黒人女性になりきる

ローザ・パークス(1913〜2005)

「アメリカ公民権運動の母」。黒人と白人の人種隔離が行われていた1955年当時、乗車していたバスで白人に席を譲らず逮捕される。その後キング牧師らと共に、ボイコット運動を展開した。

メイ・ジェミソン(1956〜)

宇宙飛行士。宇宙を飛行した、史上初めてのアフリカ系アメリカ人女性。

ニーナ・シモン(1933〜2003)

ジャズ歌手。「ローリングストーン誌が選ぶ偉大なシンガー」にも選ばれた。

ミスティ・コープランド(1982〜)

バレリーナ。アメリカン・バレエ・シアターで、黒人女性として初めてプリンシパルとなった。

ベシー・コールマン(1892〜1926)

パイロット。アフリカ系アメリカ人の女性として、初めてパイロットの資格をとった。

ジョセフィン・ベーカー(1906〜1975)

ジャズ歌手。フランスで大きな人気を集めた。

ファニー・ルー・フェイマー(1917〜1977)

市民活動家。ミシシッピ州を中心に活動した。

シャーリー・チザム(1924〜2005)

政治家。1968年、アフリカ系アメリカ人女性として初めてアメリカ合衆国議会の議員となった。

キャサリン・ジョンソン(1918〜)

物理学者。NASAの研究員として、アポロ11号やマーキュリー計画に携わった。

ゾラ・ニール・ハーストン(1891〜1960)

小説家。著書に『彼らの目は神を見ていた』など。

歴史や偉業を学んで
素敵なリーダーになってほしい

この写真を通して、何を伝えたかったのか。ローラちゃんのお母さんは次のように語ってくれました。

「撮影を通して、娘に黒人の歴史を学んでほしいと思ったんです。実際、コスプレは楽しかったみたいですし、何より歴史にも興味が湧いたようです。

私は、逆境に負けないでほしいという想いや、どんな夢だって叶えられるということを、子どもたちにもっと知ってほしいと思っています。

ローラには、今回、自分がなりきった女性たちのように、素敵なリーダーに成長してほしいです。彼女たちが開けてくれた扉から、どんどん飛び出していってほしいと願っています」

Licensed material used with permission by Cristi Smith-Jones
他の記事を見る
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...