「黒人であり、ムスリムであること」。その苦悩を訴える9人の男女

#BeingBlackandMuslim」。

このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレートを撮影し、自身のInstagramで発信しました。

「黒人で、かつムスリムであるということは、時に誤解を生んでしまう。だから僕は、彼らの声を届けたいと思ったんだ」

ここには、彼らが持つ苦悩が表現されていました。

どこにいても
「排除」される可能性がある

それは、黒人社会からもイスラム社会からも排除されることがあります。けれどもやっぱり、私は両方に属しているのです。

反黒人、アラブ至上主義、そしてイスラム恐怖症。黒人でありムスリムであることは、どこにいても、こうした問題と向き合っていかねばならないということです。

「アビード」(アラビア語で「奴隷」という意味)は、「私たちはアッラーの奴隷だ」という差別用語ではありません。なのにどうして、黒人を指すためにしか使われないのでしょう?

黒人でありムスリムであるもとは、「ニガー」と呼ばれるか「テロリスト」と呼ばれるかのどちらかだ、ということです。

それは、黒人の宗教や政治の思想について知らなければ、アメリカ系ムスリムとしてのアイデンティティは成立しえないと理解することです。

黒人ではないムスリムに「僕もムスリムなんだ」と証明するためには、わざわざコーランの一節を暗唱しなければいけません。

人種と宗教のどちらを選ぶのか、常に問われ続けているようなものです。社会は常に、どちらか一方でしかありえないのだと突きつけてくるのです。

黒人でありムスリムであることは、先祖の教えを次の世代に伝えていかねばならない、ということです。

それは、アメリカのムスリムで最も大きい集団だということです。それなのに、イスラム語が話せるとは思ってもらえないのです。

Licensed material used with permission by Bobby Rogers, (Instagram)

関連する記事

「アディダス」は、世界中で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大事)」運動を受けて、6月9日に声明を発表。黒人を含む有色人種の地位の向...
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
6月10日、今もっとも時代遅れな構造主義の撤廃を訴える社会運動「Black Lives Matter」に敬意を込めて、「Netflix」が「Blacl L...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...