罵声を浴びながらも、踊り続けるバレリーナ

バレリーナと聞いて、どんなイメージを思い浮かべるだろうか。

誤解を恐れずに言うならば、スラッとした白人女性が踊っているところだろう。きっと、多くの人が同じような印象を抱いているはずだ。

この種の偏見(自戒も込めて)のため、Stephanie Kurlowさんは批判の対象になる経験を何度もしてきた。なぜなら彼女は、ムスリムとしてヒジャブを被りながら踊っているから。

しかし、どんなに罵声を浴びても諦めない生き方には見習うべきポイントがある。

小さな声を無視して
大きな夢を追いかける

© 2018 Stephanie Kurlow

Stephanieさんはシドニーで生まれで、現在16歳。2010年に両親がイスラム教に改宗してから、自身もムスリムとして暮らしている。

2歳のときから彼女はダンスを始めているが、ヒジャブをつけるようになってから、バレエスクールに通うのが難しくなったという。当時は、マイノリティに対する寛容性が今ほどなかったからだ。

母親の協力を得て、なんとかヒジャブをつけたままレッスンを受けられるスクールを見つける。そして、ダイバーシティーを推し進めるためにもクラウドファンディングで、入学金を募ることを決意。

資金調達にも成功し、世界中にStephanieさんの名前は広まるのだが、これはネガティブな経験をするきっかけにもなった。

「今すぐバレエをやめろ。自分の国に帰れ。そんな格好じゃ踊れない」

普通なら諦めたくなる状況でも、彼女は立ち上がった。今では心無いコメントさえも原動力にしているようだ。

© 2017 Stephanie Kurlow

「枠にとらわれないように。他の人が厄介だと思うことにこそ、可能性を見いだせるはず」

どんなに辛辣な意見も跳ね返す方法を聞いたところ、このように教えてくれた。

大きな目標があるからこそ、小さな障害を簡単に乗り越えられるのかもしれない。

Stephanieさんの夢はヒジャブを被ったバレリーナのイメージを定着させることだ。

Top photo: © 2017 Stephanie Kurlow
Licensed material used with permission by Stephanie Kurlow(HP), (Instagram), (Twitter), (Facebook), (YouTube)
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
名門「香港バレエ団」が公開するカラフルでポップな動画。多数のバエレダンサーが出演し踊りを披露。ソロやデュオ、グループなどさまざまなダンスのなかに、バレエの...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
舞台の上で、美しく舞い踊るバレエダンサーたち。その美しさの裏には、並々ならぬ努力があることは、多くの人の知るところです。厳しい練習や競争、ケガの絶えない生...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れ...
バレエダンサーとして数々の公演をおこなってきたAesha Ashさん。現在はフリーランスとなり、社会的な活動をしている。それが「The Swan Drea...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。