貧しい人生を経験したからこそできた、ロボットとのダンス。

いつだって新しい知識や考え方を教えてくれる「TED Talks」。先日、ダンサーHuang Yiさんは、その場でパフォーマンスを行いました。

「Ideas Worth Spreading」という、アイデアで価値観を広げる目的もあるカンファレンス。登壇したことを考えると、彼のダンスには、何か得るものがあるのかもしれません。

ここでは、多くの人から注目され始めた頃の動画の一部を紹介します。

ロボットと共存する
「未来社会」

42149c9b9335ed037231e2c07a8fae4f06de313c3b95cd274bbaca3bb476cbff26c5eaf13bacb196Fa379babcc57de3ef54e3739f06c17c858bb91dc

Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような印象です。未来では、このように人間とロボットが手を取りながら、生活していくのかもしれません。

でも、なぜ彼はパフォーマンスを始めることしたのでしょうか。

ロボットになるために、
一度は感情を捨てた。

8f0c9715a1931016e010779ef1253d7d447694bb

Huang Yiさんは、台湾の裕福な家庭に生まれたそう。だけど、両親が投資に失敗したことを機に、貧しい暮らしを経験することに。

自殺を試みようとする両親。彼らのために、なるべく良い子になろうと、「怒り」や「悲しみ」の感情を切り離しました。誰にでも優しいロボットのようになるために──。

成長するにつれ、ダンスに興味がでてきたHuang Yiさん。いつしか、「ロボットと踊りたい」と考えるようになったのだとか。

そして、KUKA社から産業用ロボットを借りることに成功し、ついにデビュー。今では、自分でプログラミングをして、振り付けを考えているようです。

そこで、彼はこう言っています。

「ダンスの相手になるロボットは、自分そのものです。まるで鏡に映っているような。多分、感情を表現する方法を見つけられたのでしょう」

Licensed material used with permission by Sozo Artists, Inc.(HP), (Instagram)
ダンサー兼振付師として活躍するMarisa Hamamotoさん。誰でもダンスを楽しめるという考えのもと、車いすダンスの魅力を伝えようと、新しい取り組みを...
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
動物たちの求愛行動を「にんげん」のダンサーが表現したら…。この前衛的なダンスパフォーマンスPVを制作したのは、日本のコンドームメーカー「相模ゴム工業株式会...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
オーストラリアのダンサーEileen Kramerさんの語る言葉は、そんなふうに迷いながらも進んでいる若者を、とても勇気付けてくれる。なんと今月103歳の...
学校の授業でも必須科目になっているダンスですが、いま大人の習い事としても人気上昇中だとか。確かに、さりげなく踊れたら楽しいし、かっこいいですよね。でもそれ...
世界中のダンサーを紹介するKen BrowarとDeborah Oryの「NYC Dance Project」による作品。彼らにこの写真の魅力を聞いてみた...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...