人間を部屋に引きこもらせるロボット

やっと気候が落ち着いてきたかと思ったら、最近は外に出るのも少しイヤになるくらい暑くなってきた。

こんなことを思っているときに知ったのが、アメリカの会計ソフトウェアメーカー「Intuit」で運用されているロボット。

全自動で荷物を届けてくれるから、部屋から出なくてもランチやディナーを楽しめそうだ。

15分以内にランチをお届け

5288349241704448

学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行をした実績もある。

ユーザーは専用アプリから届けてほしいモノを選び、目的地をセットして待っているだけでいい。ロボットが配達してくれるUberEATSと考えたらわかりやすいだろう。

5885751174627328

全自動配達ロボットを敷地内に走らせている「Intuit」では、同社で働く社員のランチやディナーを運ぶという目的でよく使われているらしい。

ちなみに製品を説明している動画では、だいたい15分以内に配達を完了できると言っている。

暑い日でも外に出る必要がなくなるし、多少の雨なら「Starship」は稼働できるので濡れる心配もない。

オーダーしてから待つ時間も省けるから、オフィスや部屋に引きこもって、自分のやるべきことに集中できるだろう。

Licensed material used with permission by Starship Technologies
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...