人間を部屋に引きこもらせるロボット

やっと気候が落ち着いてきたかと思ったら、最近は外に出るのも少しイヤになるくらい暑くなってきた。

こんなことを思っているときに知ったのが、アメリカの会計ソフトウェアメーカー「Intuit」で運用されているロボット。

全自動で荷物を届けてくれるから、部屋から出なくてもランチやディナーを楽しめそうだ。

15分以内にランチをお届け

学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行をした実績もある。

ユーザーは専用アプリから届けてほしいモノを選び、目的地をセットして待っているだけでいい。ロボットが配達してくれるUberEATSと考えたらわかりやすいだろう。

全自動配達ロボットを敷地内に走らせている「Intuit」では、同社で働く社員のランチやディナーを運ぶという目的でよく使われているらしい。

ちなみに製品を説明している動画では、だいたい15分以内に配達を完了できると言っている。

暑い日でも外に出る必要がなくなるし、多少の雨なら「Starship」は稼働できるので濡れる心配もない。

オーダーしてから待つ時間も省けるから、オフィスや部屋に引きこもって、自分のやるべきことに集中できるだろう。

Licensed material used with permission by Starship Technologies
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
今冬注目の食材ピーナッツ。蜷尾家/NINAO(ニナオ)が冬季限定で発売する台湾の冬の定番スイーツ「花生湯(ファーシェンタン)」は、杏仁の香りが広がる甘く仕...
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
「KATE」のポップアップイベント 「真実の唇。」展。東京は今月21日(土)~25日(水)に表参道ヒルズ本館の「スペース オー」、京都は2020年1月9日...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
シーズンは終了したばかりだが、早くも2020年に向けて動き出したアメリカの野球。MLBのコミッショナーが先日コメントしたのは、マイナーリーグの一部で「ロボ...