26000円で手に入る「四足歩行ロボット」がすごい

2021年1月に配送予定の「Petoi Bittle」は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて6000万円以上の資金調達に成功した小型ロボット。そのルックスは、あの「ボストン・ダイナミクス」が開発した犬型ロボット「Spot」にそっくりだ。

多くの人から支持を集める理由は「Petoi Bittle」がただのオモチャではなくSTEM教育として役立つから。

STEM教育とは科学技術工学数学に関する教育分野の総称で、近年、テクノロジーに触れながら自分で学ぶ力をつけられるとして注目されている教育モデル。そうした背景があるからこそ「Petoi Bittle」の購入に興味を示す人が多いのだ。

ちなみに、シングルボードコンピューター「Raspberry Pi」を組み込めば、AIを搭載することも可能。

たとえオモチャだとしても、こうした製品を目の当たりにすると、昨今の急速なテクノロジーの進歩がまざまざと感じられる。

値段は250ドル(約2万6000円)。購入はコチラから。

©2020 Petoi LLC
©2020 Petoi LLC
©2020 Petoi LLC
Top image: © 2020 Petoi LLC
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
人間顔負けの踊りを披露する「Boston Dynamics」のロボットたちに、なんだか親しみが湧いてしまう。
最新テクノロジーをエンターテインメント業界に持ち込み、さまざまなアニマトロニクスの製作を手がける企業「Edge Innovations」から、本物そっくり...
「Boston Dynamics」社が製作する四足歩行ロボットの「Spot」が、シンガポールの公園をパトロール中。国の公園局と連携して無人パトロールを実験...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...