26000円で手に入る「四足歩行ロボット」がすごい

2021年1月に配送予定の「Petoi Bittle」は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて6000万円以上の資金調達に成功した小型ロボット。そのルックスは、あの「ボストン・ダイナミクス」が開発した犬型ロボット「Spot」にそっくりだ。

多くの人から支持を集める理由は「Petoi Bittle」がただのオモチャではなくSTEM教育として役立つから。

STEM教育とは科学技術工学数学に関する教育分野の総称で、近年、テクノロジーに触れながら自分で学ぶ力をつけられるとして注目されている教育モデル。そうした背景があるからこそ「Petoi Bittle」の購入に興味を示す人が多いのだ。

ちなみに、シングルボードコンピューター「Raspberry Pi」を組み込めば、AIを搭載することも可能。

たとえオモチャだとしても、こうした製品を目の当たりにすると、昨今の急速なテクノロジーの進歩がまざまざと感じられる。

値段は250ドル(約2万6000円)。購入はコチラから。

©2020 Petoi LLC
©2020 Petoi LLC
©2020 Petoi LLC
Top image: © 2020 Petoi LLC
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事