学生が開発した「手話ロボット」

3Dプリンターで「義手をつくった親子」のストーリーを以前紹介しましたが、今度は音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。

視覚障害者とのコミュニケーションの壁をなくそうと、大学生3人による「Project Aslan」が開発したもの。

人手不足から誕生した
「やさしい手」

アントワープ大学の学生Guy Fierens、Stijn Huys、Matthias Goossensにより生み出された、このヒューマノイドロボット。メインは手です。なんでも彼らの暮らすベルギーでは、手話通訳者の人手不足が問題となっているそうで、彼らは視覚障害者たちをサポートする“やさしい手”の開発を思いつきました。

リアルタイムで「音声」が手話に

話している言葉を読み取り、リアルタイムで通訳が可能。指、手、肘の関節を曲げながら手話をしてくれます。けれど通訳者を必要としないのではなく、あくまでもサポートするためのもの。また、聴覚障害者や手話を学ぶ人への教育ツールとして、利用されることを目指しているそうです。

彼らのもう一つのこだわりは、「品質を落とさずに手頃な価格」で提供すること。3Dプリンターで部品を作成できることは、低価格なだけではなくパーツの交換も容易にできることにこだわりました。

「僕たちの最終目標は、ロボットアームで世界中の人々の手助けをすること」

とは、開発者の一人Matthiasの言葉。

学生の柔軟な思考で、“手話ロボット”を実現させた3人。その才能と努力に驚かされ、多くのメディアが彼らの功績を紹介しました。でも何よりも、「人を思いやるやさしさ」に私は心がほっと温かくなりました。

Licensed material used with permission by Project Aslan
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
会話する相手が、あまり手話にくわしくなかったら?声にするより簡単に、逃げることってきっとできない。だからこそ、彼らの愛の伝え方はストレートで大胆。「CUT...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
初歩的な手話は、学校で習ったり、何かの機会に学ぶこともあるかもしれません。でも、ここで紹介する手話は、なかなか目にすることがないでしょう。「Cut.com...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
自律型の配達ロボットを開発した企業Starship Technologiesは、2022年を迎えるまでに米国の大学100校のキャンパスで食品配達ロボットを...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...