学生が開発した「手話ロボット」

3Dプリンターで「義手をつくった親子」のストーリーを以前紹介しましたが、今度は音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。

視覚障害者とのコミュニケーションの壁をなくそうと、大学生3人による「Project Aslan」が開発したもの。

人手不足から誕生した
「やさしい手」

アントワープ大学の学生Guy Fierens、Stijn Huys、Matthias Goossensにより生み出された、このヒューマノイドロボット。メインは手です。なんでも彼らの暮らすベルギーでは、手話通訳者の人手不足が問題となっているそうで、彼らは視覚障害者たちをサポートする“やさしい手”の開発を思いつきました。

リアルタイムで「音声」が手話に

話している言葉を読み取り、リアルタイムで通訳が可能。指、手、肘の関節を曲げながら手話をしてくれます。けれど通訳者を必要としないのではなく、あくまでもサポートするためのもの。また、聴覚障害者や手話を学ぶ人への教育ツールとして、利用されることを目指しているそうです。

彼らのもう一つのこだわりは、「品質を落とさずに手頃な価格」で提供すること。3Dプリンターで部品を作成できることは、低価格なだけではなくパーツの交換も容易にできることにこだわりました。

「僕たちの最終目標は、ロボットアームで世界中の人々の手助けをすること」

とは、開発者の一人Matthiasの言葉。

学生の柔軟な思考で、“手話ロボット”を実現させた3人。その才能と努力に驚かされ、多くのメディアが彼らの功績を紹介しました。でも何よりも、「人を思いやるやさしさ」に私は心がほっと温かくなりました。

Licensed material used with permission by Project Aslan

関連する記事

2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
“ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる”存在を目指して開発している自律型会話ロボット「Romi」が、4月21日に発売。一番の特徴は、定型文では...
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
NPO団体「Thinking Huts」とデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、マダガスカルに3Dプリンターを用いて学校を建設するプロジェ...
会話する相手が、あまり手話にくわしくなかったら?声にするより簡単に、逃げることってきっとできない。だからこそ、彼らの愛の伝え方はストレートで大胆。「CUT...
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
初歩的な手話は、学校で習ったり、何かの機会に学ぶこともあるかもしれません。でも、ここで紹介する手話は、なかなか目にすることがないでしょう。「Cut.com...
最新テクノロジーをエンターテインメント業界に持ち込み、さまざまなアニマトロニクスの製作を手がける企業「Edge Innovations」から、本物そっくり...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
仕事先から子どもと会話したり、離れて暮らす高齢の親をそっと見守ったりできるファミリーロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」を紹介。
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
完全な生命体でもなく、ロボットでもない、プログラムで制御ができる生体ロボット「xenobots」。注目を集めていた同研究が、より進化したバージョン2を発表...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
食糧危機に備え、4Dプリンターで“フルーツ”を生み出すプロジェクト。
チェコのベンチャー企業が最先端の3Dプリント技術を駆使して開発した、うずまき型の高級スピーカーシステム「スピルラ」が発売。妥協を許さず実現した理想的なうず...
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。