ちょっぴりお節介な「介護ロボット」は、見た目ではなくコミュニケーションで主張する

従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、それが最近老人ホームやデイサービスといった高齢者福祉施設において、介護用ロボットとして試験的に導入がはじまっているんだそう。

腰や関節に装着して介助者を物理的にアシストするものから、人工知能搭載のボディランゲージや会話でコミュニケーションをとるタイプまで、用途に合わせてその種類はじつに豊富。なかには認知症予防の「見守り支援ロボット」なるものも。簡単なあいさつをしたり、うなずいたり、最新のものは薬の飲み忘れまで教えてくれる機能もあるんだとか。これがどう見ても愛らしい“ぬいぐるみ”だ。

映画やアニメの中にしかロボットがいなかったその昔、ぬいぐるみではないにせよ未来のロボットは、やっぱり人の姿に近いものだと想像したし、きっとこの先そこに行き着くことは間違いない。だけどよくよく考えてみれば、人間とそっくりの必要がどこにあるんだろう。

というのも、イスラエルのロボット開発業者が新たにデザインしたというこの「ELLI・Q」が、あまりにシンプルに見えたから。動物や人間に話しかけるように、自分を見守ってくれるロボットと話をしたい、高齢者のそんな気持ちも分からなくはない。だけど、こちらはディテールよりも人懐っこさで勝負にでた。

人型よりも人懐っこい
ちょっとお節介なヤツ

B01216e89df6cd7ccc688f41d92ec4d7011e2293

あえてデザインを推しのひとつに挙げた以上、まずはそのモノ自体に注目してほしい。なんと言うかその、いっさいのムダがない。

B2660ec72cee702211e5bc43fe65ebf7298324248c674c6367258e00c28cfe7fb5360e78ad48a4112bd0395f36da231b9e7dfc2db77f50fb4986674eAc58223b84fb1800dcc27d30671d0e536fe03325

このELLI・Q、人工知能を搭載した本体と、取り外し可能なタブレットが1ユニットになったコミュニケーションツールで、高齢者の見守りを目的とした支援型のロボットだ。会話とボディーランゲージ(とは言っても稼働域は首と左右への胴体の振りくらいなもの)、さらには光の大小で表情をつくりながら、ユーザーとのコミュニケーションを図るELLIくん(あえて親しみを込めてこう呼ぼう)だ。

2969e6ce88e91e91ae44293fbe822a16fdf06f92

高齢者の孤独感を少しでも軽減させることを目的として開発された彼にできることは多岐にわたる。たとえばユーザーの健康管理から、室内環境のモニタリング、スケジュール管理、Skypeなどによるビデオチャット、ソーシャルメディアでのやりとり、さらにはオンライン上の本やニュースを読んでもくれるらしい。

また、ユーザーの行動や嗜好から性格を学んでいき、それに沿っておすすめのアクティビティを提案し、一緒にゲームをしたりする。わざと負けてくれるかどうかまでは分からないけど。

以下は、ユーザー(メリーおばあちゃん)とELLlくんのコミュニケーションの一例だ。

B4e2de73da01b9260d5c38cb70bb4a5afd631106

「メリー、お友だちからメールが届いています。返信を送りません?」

「ええ、そうしましょう」

「では、音声録音をどうぞ、3、2、1…」

あるいは、

「メリー、1時からお友だちとブリッジでしたよね?ちょっと練習しておきましょうか?」

「今は結構」

「もう一回聞きますが、本当にいいの?」

ロボットらしからぬ、おせっかい焼きな感じ。従順ですべてのことに対してYESで応えてくれるよりも、よっぽど人懐っこさを感じるんじゃないだろうか。あるいはその見た目よりも。

C6e7378c28c7c36096bd00f9cef18ae2da00d4128896507e6b6078a7cf2fb54964fd889422a98296

開発業社intuition roboticsの報告では、現在イギリスに暮らす75歳以上の女性たちのおよそ半数が独居、にもかかわらず、9割近くはそれでも自宅で過ごしたいと回答したそうだ。家族と離れて暮らす彼女たちができるだけ寂しさを感じずに、安心して過ごせるためのパートナーとして、そのニーズは少なくないという。

オンラインではあるけれど、家族や友人たちといつでもつながれる環境にある。これは想像でしかないが、人当たりのいいELLlくんとのコミュニケーションが、高齢者が直面しがちなデジタル時代の複雑な操作も、いっさいがっさい取っ払ってくれるのかもしれない。

7f8a313a34143877665f02cd20d484ac07f94aff

こんな具合にね。

Licensed material used with permission by Intuition Robotics
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
2017年9月12日、イタリアのピサにあるベルディ劇場にちょっとした異変が起きた。劇場は、イタリア人のテノール歌手Andrea Bocelliの美声に包ま...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...