後をついてくる荷物持ちロボット「Gita」が、なんだか愛おしい。

先に説明しておくと、この大きな水色の物体は、荷物運搬ロボット「Gita(ジータ)」。基本的には、買い物のお供として開発されたもので、最大18kgまで荷物を運搬できるそう。

なんだけど、コロコロついてくるその仕草に、もはや“荷物持ち”を超えた愛おしさを感じてしまったのは僕だけ?

コロコロ、トコトコ…
ねっ?

あれ、そうでもない?

個人的には、ただ散歩に付き合ってくれるだけで十分だと思いましたが、ちゃんと“本業”について紹介しましょう。この通り、スーパーで買ったものをドンドン入れちゃってOK。

で、そのままあなたについてきてくれるから、手ぶらでラクラクというわけ。

ちなみに、「Gita」はイタリア語で「外出」の意だとか。

道を学習し、単独で走行も

後ろをついてくるだけでなく、道を覚えて単独で走行する賢さも。さらに、センサーで障害物を検知し、衝突を回避する仕組みも組み込まれているそう。上の通り、職場に忘れ物を届けて、そのまま自分で家に帰ってくれたりもするわけです。

現時点では、発売時期や価格等は決まっていないとのこと。もちろん、盗難などの安全面に課題はあるのでしょうが、新たな取り組みとして注目したいところですね。

Licensed material used with permission by Gita
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
2017年9月12日、イタリアのピサにあるベルディ劇場にちょっとした異変が起きた。劇場は、イタリア人のテノール歌手Andrea Bocelliの美声に包ま...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...