「常識破りのエレベーター」がドイツに登場

ドイツのthyssenkrupp社が開発・実用化したのは、ワイヤーいらずで縦横無尽に移動する最新式エレベーター「MULTI」。

と言われたところでピンとこないのは想定内。そこで、まずはこれを。

「縦横無尽」の意味が少しは理解できたでしょうか。

このエレベーターはワイヤーではなく電磁石式。リニアモーターカーのような磁気浮上式で、速度を変えつつ横にも動けてしまう。パワーの効率も従来のエレベーターよりもはるかにいいというのだから驚きです。

ちなみにビル全体を透かして見るとこんな感じ。赤血球の如くビル内を動いているこの粒、全てエレベーター!

それぞれ自在にレール上を動き回れるため、待ち時間も少なくて済みそうだし、混雑を予想した最短ルートで目的地までスイスイ行けてしまうんだとか。

約160年ぶりの大発明
エレベーター界の革命児

そもそも、今あるようなエレベーターが生まれたのは、約160年も前のこと。それなのに、発明当時から現在にいたるまで、ワイヤーと重りを使った吊り下げ式という点はまったく変わっていなかったのです。

それがこんな風になったんだから、歴史が動いたと言っても過言ではない。

しかもこのエレベーター、この度ベルリンに建つ新たな高層ビル「イーストサイドタワー・ベルリン」に世界で初めて導入されるんだとか。ドイツに行ったら絶対行きたいスポットになりそう。

もしも街で導入されたら…

こんな感じで地下鉄の入り組んだホーム移動も楽になるし、たくさんの人を運べるので、車椅子やベビーカーを押す人もスムーズに移動できるかも。高齢化が進む日本には、特に欲しいエレベーターと言えそう。

Licensed material used with permission by thyssenkrupp
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
今年開催される第8回FIFA女子ワールドカップに向けて公開された、ドイツ女子代表のキャンペーン動画がおもしろいと話題になっています。素直に「私達を覚えて!...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
エレベーターが夢に出てきた場合には、あなたが人生で大切な分岐点を迎えていることを象徴しています。エレベーターが上昇するか、下降するか、どのような状態のエレ...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。