ついに!?ドイツ企業が「コロナ検査」ができる「スマホアプリ」を開発

ドイツ・ミュンヘンを拠点とする企業「Semic RF」が新型コロナウイルスの感染を判断できるスマートフォン用アプリを開発。

そう、必要なのはスマートフォンだけ。

しかも、開発企業によると、なんとその的中精度は97%を誇るのだとか。

© CGTN America/YouTube

「SEMIC EyeScan」は、特許取得済みの技術を利用して開発されたアプリ。スマホのカメラで、片方の目を撮影して送信するだけで、わずか3~5分で検査結果が得られるという。

じつは、新型コロナウイルス感染者は、結膜炎を起こすことでも知られている。

開発にあたって、200万を超えるサンプルを採取した結果、新型コロナウイルスに感染した患者の識別に成功したようだ。

また、検査に必要な写真個人情報は、EUのデータ保護ガイドラインを通して守られているとのこと。

今すぐに検査したいという人も多いと思われるが、同アプリは、現在ドイツ国内にて承認段階にある様子。

また、まずは企業向けにリリースされる予定で、サービス使用料として月480ユーロ(約6万3000円)の料金がかかるとのことだ。

かなり大きな可能性を感じるこのアプリ。

はたして、日本での承認も得られるのだろうか……?

Top image: © iStock.com/Olga Ignatova
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事