ついに!?ドイツ企業が「コロナ検査」ができる「スマホアプリ」を開発

ドイツ・ミュンヘンを拠点とする企業「Semic RF」が新型コロナウイルスの感染を判断できるスマートフォン用アプリを開発。

そう、必要なのはスマートフォンだけ。

しかも、開発企業によると、なんとその的中精度は97%を誇るのだとか。

© CGTN America/YouTube

「SEMIC EyeScan」は、特許取得済みの技術を利用して開発されたアプリ。スマホのカメラで、片方の目を撮影して送信するだけで、わずか3~5分で検査結果が得られるという。

じつは、新型コロナウイルス感染者は、結膜炎を起こすことでも知られている。

開発にあたって、200万を超えるサンプルを採取した結果、新型コロナウイルスに感染した患者の識別に成功したようだ。

また、検査に必要な写真個人情報は、EUのデータ保護ガイドラインを通して守られているとのこと。

今すぐに検査したいという人も多いと思われるが、同アプリは、現在ドイツ国内にて承認段階にある様子。

また、まずは企業向けにリリースされる予定で、サービス使用料として月480ユーロ(約6万3000円)の料金がかかるとのことだ。

かなり大きな可能性を感じるこのアプリ。

はたして、日本での承認も得られるのだろうか……?

Top image: © iStock.com/Olga Ignatova
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
イスラエル発の音声分析会社「Vocalis」が、新型コロナウイルスを音声で診断するアプリを開発中。近い将来、声だけで病気を発見してくれるシステムが完成する...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
マイアミの高級ショッピングモール内に新型コロナ感染防止グッズの専門店がオープン!種類豊富なマスクを始め、除菌・抗菌グッズが揃う。
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
ドイツの科学者らが集まって、新型コロナウイルスがスタジアム環境でどのように広がるのかを実験する「Restart-19」と呼ばれるプロジェクトを計画中。現在...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、政府を皮切りに多くの地方公共団体や企業が防御策を講じている。そんななか、イギリスのバクストン警察...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
米・ニューヨーク州で、新型コロナの陰性やワクチン接種済みであることを証明できるデジタルパス「Excelsior Pass」が運用開始されている。
中国のスタートアップ「Rokid Corp」は、人工知能を搭載して1m以内の人の体温検査と顔認証をおこなうスマートグラスを開発。新型コロナウイルス感染防止...
ペット先進国として知られるドイツ。そんなドイツで「飼い主は1日2回以上、犬を散歩させること」を義務付ける、驚きの法案が提出された。
3月24日、「Airbnb」がフランスにて、新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う医療関係者に無償で施設を提供すると発表した。これはさまざまな困難に...
新型コロナウイルスがまだ脅威としてあるなかで、安心&安全に東京オリンピックが開催されるためのガイドラインなどが掲載された、公式の「プレイブック」が公表された。
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
今年初めに公開された「パスポートランキング2020」では堂々の1位を獲得し、長い間「世界でもっとも信頼の高いパスポート」とされていた日本のパスポートだが、...
新型コロナウイルスの影響による不調を解消するための「薬膳レシピ」を、オンライン漢方相談サービスを展開するわたし漢方と近畿大学が共同開発。11月18日からW...