コロナ拡大後「銃・弾丸」の需要が300%超。米「Yelp」が報告書を発表

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界規模で経済活動に影響が出ている。

外出自粛要請やロックダウンなどの影響で、飲食やエンタメをはじめとするサービス業などの需要の低下が連日報道されているように、人々の生活パターンに変化が生まれているようだ。

そんななか、アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表した。

今やアメリカで生活するうえで欠かせないという同アプリでは、各地域のローカルビジネスのデータがまとめられ、ユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の推移を可視化することができるという。報告書に書かれている内容を抜粋すると以下のようになる。

【需要が新型コロナウイルスの感染拡大後に“高く”推移したもの】
・CSA(地域支援型農業) +430%
・銃と弾薬店       +377%
・薬局          +223%
・食料品店        +200%
・タクシー        +166%
・狩猟・釣り用品店    +155%
・超自然・占い      +136%

【需要が新型コロナウイルスの感染拡大後に“低く”推移したもの】
・屋根工事        −85%
・ワイナリー       −67%
・スペインバル      −65%
・中品・ヴィンテージ店  −64%
・駐車場         −63%
・ブライダルストア    −63%
・ショッピングセンター  −58%

報告書によると、人々は十分な食料の供給を確保したいということで「CSA」と呼ばれる地域支援型農業システムが急上昇。これは、消費者が前もってお金を支払うことで、生産者が直接、作物を届けるというものだ。

さらに、公共交通機関の利用を避けるため、タクシーの需要も増加。そして、ジムの閉鎖によって、狩猟や釣りなどのアクティビティ需要が高まっているという。

一方、需要が下がったものは、屋根工事など緊急性の低いサービスなど。

また、スペインバルやショッピングセンターなど人が密集する場所から回避する傾向がみられ、人々の外出が控えられていることから駐車場の需要も下がっているという。

ウイルスの影響を危惧してか、中古品に対する需要も低くなり、この時期に結婚式を挙げようと考える人も少ないようだ。

それにしても、銃の需要が377%も高まっていることはやはり恐ろしい。

また、超自然や占いの需要が上がっていることは、救済を求めていることの現れなのだろうか?いずれにせよ、緊急事態時における興味深いデータであることに間違いない。

Top image: © iStock.com/CSA-Archive, iStock.com/imagedepotpro
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
日本でコロナが流行り始めた時期、トイレットペーパーの買い占めやマスクの入手困難などのニュースが、連日報道されていました。では、海外はどうだったんでしょうか...
今月30日(日)まで応援購入サービス「Makuake」にて、世にも珍しい“紅茶の抹茶”を商品化した「紅抹茶 あかまっちゃ」が限定販売中。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
「Camp Ride」は、日本全国でのキャンピングカー予約ができるほか、初めてキャンピングカーをレンタル(または購入)を考えている人に向けた関連情報を取り扱う。
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
「米航空宇宙局(NASA)」は、今月2日に大気汚染の原因となっている二酸化窒素の濃度が中国各地で大幅に減少していることを示す衛星写真を公開した。
2月7日、東京都は世界中に拡大する「新型コロナウイルス」の対策についての2本の動画をYouTubeに公開した。出演は、都知事の小池百合子氏。
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、政府を皮切りに多くの地方公共団体や企業が防御策を講じている。そんななか、イギリスのバクストン警察...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
アメリカ、フランス、中国など世界の12の国と地域の人々の間では、終息後に訪れたい旅行先として日本がもっとも人気だという。
イスラエル発の音声分析会社「Vocalis」が、新型コロナウイルスを音声で診断するアプリを開発中。近い将来、声だけで病気を発見してくれるシステムが完成する...
「Google」が先日、米国ニューヨークと英国のブード、スペインのビルバオの3拠点を結ぶ新しい海底ケーブルを建設する計画を発表した。新型コロナウイルスの感...
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
2012年に携帯アプリとして配信され、有料ゲームながら全世界で1億3000万ダウンロードの大ヒットを記録したウイルス感染ゲーム「Plague Inc.」。...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。