「ワクチンを贅沢品にしてはいけない」。強烈なメッセージの「ユニセフ」の広告

欧米ではすでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン

しかし、配給されているのは一部の富裕国のみで、途上国貧困国には行き渡っていないのが現状。

こうした状況に、ノルウェーの「ユニセフ」が異議を唱えてリリースしたのが今回紹介する啓蒙広告だ。

ラグジュリアスな衣装をまとった女性が大きく映し出されており、一見ハイブランドの香水のポスターかと思いきや、よく見ると手にしているのは「COVID-19 Vaccine」と書かれたボトル。

下には「Don’t let the vaccine become a luxury(ワクチンを贅沢品にしないで)」のコピーが添えられている。

命の重さに差など存在するはずはなく、すべてが平等で、すべてが尊いものなのだ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事