東京オリンピックの「公式プレイブック」が公表

新型コロナウイルスがまだ脅威としてあるなかで、安心&安全に東京オリンピックが開催されるためのガイドラインなどが掲載された、公式の「プレイブック」が公表された。

第一弾は「国際競技連盟」テクニカルオフィシャル(審判・技術役員)向けのもので、アスリートやメディア関係者向けのものも順次公表。

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のダウンロードや日本入国時に新型コロナウイルスの検査を受けること、応援は声援ではなく拍手にすること、30分おきに部屋を換気することなど、細かいルールが盛り込まれている。

このご時世、ルールが多いのは仕方のないことだが、ファンの熱気や選手たちのやる気を維持したまま開催されることを願うばかりだ。

Top image: © Carl Court/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

東京都が、3月4日に「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する情報を集約した公式対策サイトを開設。多方面から注目を集めている。
多くの人は2020年東京オリンピックを楽しみにしていると思います。開会式が楽しみ、観戦したい競技がある、経済的効果への期待などなど。僕も日常でよくそういう...
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催を記念して、バービーの「Olympic Games Tokyo 2020コレクション」が発表。「野球/ソ...
2020年東京オリンピックに合わせて「新宿マルイアネックス」にLGBTQの交流・情報発信の拠点となる「プライドウハウス東京2020」の開設が決定。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「クラブツーリズム」が11月5日から受付を開始したのは、日本船籍の客船「にっぽん丸」を貸し切り、来年7月31日に名古屋港を出発してクルーズを2泊楽しみなが...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。