「山の神」ことプロランナー・神野大地が「スポーツネックレス」をプロデュース

東京オリンピックを「アフリカ」から狙うプロランナー・神野大地。昨年からケニアやエチオピアを拠点に長期のマラソン合宿をおこなうなど、新しいことに挑戦する姿勢は箱根の“山の神”と呼ばれた青学時代から日々アップデートされている。

そんな神野選手が、またもや新しい取り組みに挑戦。自身がプロデュースした、オリジナルのスポーツネックレスブランド「RETO」を発表した。

機能とデザインを追求した「RETO」は、天然鉱石をらせん状の金属に特殊加工した「Eon Spiral Core」を内臓。イオンを効率的に発生させ、身体がストレスを感じたときに状態を整えるサポートをおこなうのだという。素材にはアレルギー反応が少ないものを使用し、カラーはグリーン×ブラック、シルバー×ブラック、ブルー×ブラックの三種。オンラインストアにて2万4840円(税込)で予約を受付中、9月3日から順次発送予定だ。

ちなみにブランド名は「挑戦」という意味をもつスペインの言葉。まさに、妥協を許さない神野選手の強い想いが込められたプロダクトといえよう。

現在、9月15日に開催される東京五輪の最終選考レースに向けたケニア合宿を敢行中の神野選手は、TABI LABOの取材に対して「ウェアとマッチするデザインにこだわったので、練習では自然とテンションが上がります。普段使いもできますよ!」とコメントしている。「俺にもつけさせてくれ」と、ともに練習するケニア人選手たちからの評判も上々のようだ。

RETOオフィシャルサイト
サイトURL:https://reto-sports.com/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
2020年東京オリンピックに合わせて「新宿マルイアネックス」にLGBTQの交流・情報発信の拠点となる「プライドウハウス東京2020」の開設が決定。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
新型コロナウイルスがまだ脅威としてあるなかで、安心&安全に東京オリンピックが開催されるためのガイドラインなどが掲載された、公式の「プレイブック」が公表された。
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催を記念して、バービーの「Olympic Games Tokyo 2020コレクション」が発表。「野球/ソ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。