「不自由な」自転車を使い続けるのは、大地との一体感を味わえるからー佐々木俊尚ー

「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。

フィクシーというのはFixed Gearの略称で、固定されたシングルギアのことだ。ふつうの自転車は後輪のスプロケットがフリーホイールになっていて、前に向かってペダルを漕いでる時は車輪に力がかかるけれど、ペダルを逆回転すると力は伝わらない。つまり何を言っているかというと、ふつうの自転車はペダルを止めると空回りしてくれる。

でもフィクシーはフリーホイールがなくて、スプロケットが後輪に固定されている。だから空回りしない。前に向かってペダルを漕げば前に進むし、ペダルを止めれば車輪の回転も止まる。

IMG_0025

このフィクシーを別名「ピスト」と呼ぶこともある。ただピストバイクはたいていの場合、フィクシーからさらにブレーキも保安部品も外してしまった競技者の練習用自転車を指すことが多い。そしてこれで道路を走ると、日本の道路交通法に反する。なのでわたしのバイクはブレーキも保安部品もちゃんと付いている。

フィクシーは自転車のもっとも古いかたちのひとつで、見た目も構造もとてもシンプルだ。でも一般的にはあまり使われなくなってしまったのは、理由がある。まず第一に、惰力で進むことができないから、前に進むためにはずっとペダルを漕いでいないといけない。エネルギーが保存されないので効率が悪い。第二に、構造的に変速機を組み込めないので、必ずシングルギアになる。変速機がないから、坂道を登るときはかなりつらいし、気持ち良く坂道を下ろうとしてもそんなにスピードが出ない。

78236482302331413

わたしはおもに都心を移動する時にフィクシーを乗っているけれど、最近よく見る戦車みたいな電動アシストのママチャリに「ぐぉー」っと抜かれることはよくあるし、きつい坂を登り切れずに自転車を降りるしかなくてみっともない姿をさらすこともある。

じゃあどうして、こんな不自由なフィクシーを愛用しているのかというと、答はひとつ。それは「まるで大地を踏みしめているように自転車を漕げる」から。これがとっても気持ち良いのだ。

慣れないと、フィクシーに乗るのはけっこう難しい。停車しようとすると転びそうになる。坂道でスピードを上げすぎるとペダルが急回転し、足が追いつかなくなる。でもだんだんとフィクシーの流儀に慣れてくると、心地よさが生まれてくる。自分の脚が、ダイレクトに動力を地面に伝えている感触がある。機械である自転車が、まるで自分の身体の延長のように感じはじめる。

42273890

農場で働いた経験のある女性と話した時に、感銘を受けた言葉がある。その農場は人糞堆肥を使っていた。野菜を収穫し、それで料理し、食べ、そしてて自分の身体から出たものが畑に返り、また野菜になる。そのくり返しについて、彼女はこう言った。「まるで自分がパイプになったみたい」

フィクシーの感覚も、なんだかそれに近いような気がする。底がとびきり薄く、足にぴったりとフィットするしなやかなランニングシューズ。自分がそういう一足の靴になった感じがするのだ。

コンテンツ提供元:佐々木俊尚

これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。でもそうやって歩い...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
旅に出て、世界とダイレクトにつながる―佐々木俊尚さんが考える、居場所を確認する旅 佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。後編の本記事で...
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...